2010.08.16

明治座の舞台『つばき、時跳び』を観る。

8月16日(月)

8月14日(土)の午後、明治座に舞台『つばき、時跳び』を観に行った。明治座に行くのは初めてで、こういう幕間が2回ある3時間もの長丁場のお芝居を観るのも、新宿コマ劇場の舞台『シンデレラ』以来ひさしぶりだった。

原作は梶尾真治の同名小説で、このブログでも7月19日に紹介した。主演は福田沙紀と永井大、脚本・演出はキャラメルボックスの成井豊、音楽監督は同じくキャラメルボックスの加藤昌史である。他にもキャラメルボックスの役者が脇を固めており、それだけでも明治座カラーにキャラメルボックス風味な芝居が想像できる。

物語は原作とはだいぶ違っていた。主人公の新進作家・伊納淳(いのう・じゅん)(永井)が、創作活動に専念するために熊本の百椿庵(ひゃくちんあん)に越してきて、そこで幕末の娘・つばき(福田)と時を越えて出会うというところは同じなのだが、親戚や友達など原作にない人物が出てくるし、幕末の場面では坂本龍馬まで出てくる。また、はでなアクションシーンや殺陣、ギャグまでも満載である。周りで大ウケしている女性たちがいたから、こうしたシーンがたぶんキャラメルボックス風味なのだろう。

実はわたしは、アイドルグループのハロープロジェクトのライトなファンで、アイドルの真野恵里菜を観るのも楽しみの一つだった。真野は主人公の親戚の仰烏帽子綾(のけぼし・あや)と幕末の団子屋の娘との2役を演じていた。綾は受験を控えた高校3年生という設定だったが、周りの役者の背が高いせいもあるのか中学生のように見えた。それに団子屋の娘も15歳くらいに見えた。だが、長い黒髪は鮮やかに輝いて美しく、まるで原作からイメージするつばきの髪のようだった。また運動神経もよく、広い舞台できびきびと演技をしている姿が印象的だった。ひとつ惜しいのは、わたしが3階の観客席にいたために、セリフのよく聞き取れないところが何カ所かあったことである。

主役の永井と福田はよく映えていて、正直、ここまで舞台映えのする役者とは予想してなかった。特に永井は背が高くてイケメンであり、こういう大舞台に向いている。

幕間には土産物屋を見て回って、熊本コーナーで「いきなり饅頭」を買ったり、喫茶店でコーヒーを飲んだりと明治座のクオリティの高いサービスを楽しめた。その分、自販機なら120円のペットボトルのお茶が180円したりと値段も高めではあったが。

ただ、明治座に芝居を観に行くというのは、わたしにとっては時期尚早だったかもしれない。かつての新宿コマにも言えたことだが、明治座の芝居は幕間も含めての娯楽であり、爺になって茶飲み友達と出かけて初めて本当に楽しめるもののようである。

つばき、時跳び

2009.05.08

モーニング娘。のコンサートを中野サンプラザに見に行く

5月8日(金)

ゴールデン・ウイーク期間中の5月2日(土)に、モーニング娘。のコンサートを見るために中野サンプラザへ行った。わたしが行ったのは昼夜2回公演のうち、夜の19時開演の部の方である。

わたしはモーニング娘。を始めとするハロープロジェクトというグループのライトなファンで、CDやDVDを買ったり、何回か舞台を観に行ったりはしたことがあるのだが、コンサートを見に行くのは初めてである。それが思い切って参加する気になったのは、今回のコンサートが3月発売の『プラチナ9DISC』というアルバムの曲を中心に構成されており、その中に、実際に生の声で聞きたい曲が何曲かあったからだ。

はじめ40代後半のわたしが一人で行って大丈夫かなという不安はあったのだが、それは余計な心配であった。会場にはさまざまな年齢層のファンが集まっており、わたしと同じ年代のファンもチラホラ見受けられた。また、同じグループのファンということもあってか、むしろ同類として受け入れられているような雰囲気だった。

ただ、一旦コンサートが始まると一般席では観客は総立ちになり一斉にサイリウムという光る棒が振られる状態になる。わたしも周りに合わせて、ほぼ2時間立ちっぱなしだった。それに曲によっては飛んだり回ったりと観客の方もけっこうな運動量である。でも、まだたいして体力は落ちてなかったみたいで、何とか付いていくことができた。

思い出すと最後に見たコンサートは確か1985年頃のオフコースのコンサートである。その時と比べても楽しめたコンサートだった。モーニング娘。の魅力の一つはコンサートにあると確認できた。また秋のコンサートも見に行きたいものである。

2004.12.01

安倍なつみの「盗作」騒ぎ他

7月中旬からのダイエットも4ヶ月が経過し、ついに目標である標準体重の67kgに到達した。さて、これからどうするか。まあ、まだ風呂に入ったときに腹に脂肪が溜まっているのがわかるから、もうしばらくダイエットを続けてみたい。最終目標は65kgかな。

ところで、今日、元モーニング娘の安倍なつみの「盗作」疑惑がマスメディアで報道されていたけど、何なのだろうね。おそらく巨大掲示板での騒ぎを受けてのことなのだろう。だがここまで大騒ぎする必要があったのかどうか。おかげで安倍の活動自粛、紅白辞退という事態にまで発展してしまった。

まあ、事務所や本人が「盗作」と認めたのだからしょうがない面もあるけど、それでも創作活動に関してマスメディアが軽率に反応することはできるだけ控えてもらいたいと思う。誰がなんと言っても詩や音楽は模倣から始まる。そこからオリジナルな詩や音楽を創作するまでには、まだ二跳躍くらい必要だ。そして安倍なつみの報道された詩を読む限り、詩句はそっくりだけれど、新たな詩への跳躍の意志を確かに感じる。その過程のみを一面的に捉えて一人の若い詩人(作詞家)の誕生を妨げることだけはやめてもらいたいものだ。

世界エイズデーの日に。

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ