« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.08.25

過去の読んだ本の感想(シリーズ)9

8月25日(金)

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

1991年6月19日(水)
「妊娠カレンダー」の書き出し
(中略)

うーん。わからない。どこがいいんだ?
気になる所、
M病院。すぐ改行。会話の改行の仕方。基礎体温のグラフ。わたし。
愚図々々。とうとう。なかなか。
作者(わたし)は、姉がM病院に出かけて…いや、ちがうか。

色川武大の場合はどうだろう。
怪しい来客簿より
空襲のあと
(中略)

「が」が多いな。発想は突飛。でも、よく考えると、思い当たるフシもある。文章自体は、流れるよう。しかし、特に変わった点はない。

6月20日(木)

大江健三郎「懐かしい年への手紙」より
第一部
第一章 静かな悲嘆(グリーフ)
(中略)

森。谷間。妹。ギー兄さん。オセッチャン。ダンテ。事業。そして僕。

段落の構造
僕←TEL←(妹←会話←オセッチャン←→ギー兄さん)森のなかの谷間の村=こちら側

ギー兄さんのことを、オセッチャンの話を聞いた妹からの電話で僕が聞いたわけである。伝聞→物語の発生。ここですでに、この小説は神話性をおびてくる。しかも、ダンテだ。さらに2人の女=語り部=巫女の存在。

イメージの重層性が大江文学の特徴だが、それにしても、たいした念の入れようだ。イメージの洪水と言ってよい。

6月23日(日)

大江健三郎「静かな生活」(講談社)を読んでいる。心が浄化されるような小説だ。イーヨーと妹のマーチャンとの官能的とも言える交流。ワクワクさせられる。

10月8日(火)
今、川西蘭という小説家の「パイレーツによろしく」という本を読んでいる。わずか7年前の小説だが、すでに古びている。

12月1日(日)
読 「I will marry when I want」NGUGI wa Thiongo、NGUGI wa Mirii(Heinemann Kenya Ltd)
「現代アフリカ入門」勝俣誠(岩波新書)

どちらも一級品。読んだかいがあった。

「アフリカのこころ」土屋哲(岩波ジュニア新書)
いまいち。ちょっと古い。

12月8日(日)
読 「ハラスのいた日々」中野孝次(文芸春秋)、「治療塔」大江健三郎(岩波書店)

「治療塔」は、SFと純文学が融合したような不思議な感覚の小説である。数日前、新しく「治療塔惑星」という本が出たばかりだったので、前作を古本屋で買ってきたわけである。あいかわらずのイメージの洪水ではあるが、どうも異和感が抜けない。ハッキリ言って、胸の中をひっかきまわされるみたいな感じだ。SFの1人称か。何か変なんだよな。まだるっこしいぜ。

「ハラスのいた日々」も、オレにとっては新鮮だった。犬とヒトとの共生感覚。確かに、これは貴重なものだ。犬が今まで生きのびてこられたのは、このような関係が、ずっと続いていたからなんだな。なんか、うまく言えんが。昔、犬を飼ってた頃を思い出してしまった。

12月16日(月)
SIDNEY SHELDONの"THE OTHER SIDE OF MIDNIGHT"を読んでいる。plainなEnglishなので読みやすい。

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2017.08.10

須藤凜々花・堀内進之介著『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎文庫)を読む

8月10日(木)

わたしは須藤凜々花というアイドルを知らなかったのだが、先々月のAKB48グループの総選挙で結婚宣言を行ったということをニュースで知って興味を持った。1996年11月生まれで現在20歳。愛称はりりぽん。NMB48でセンターになったこともあった。この結婚宣言は大きな騒動となり、彼女はNMB48を卒業することになる。

どうしてそういうことになったのか、いろいろな記事を読んでいくうちに、彼女が哲学の本を出していることを知った。吉田豪というインタビュアーが、その本を読むとまるで今回の結婚宣言を予言したような内容だったと言っていたので読んでみることにした。それが本書である。「人生を危険にさらせ」というタイトルはニーチェの『悦ばしき知識』第283から取っているらしい。

この本は堀内進之介との共著である。著者略歴によると、堀内氏は1977年生まれで専門は政治社会学・批判的社会理論である。青山学院大学の非常勤講師であり、現代位相研究所の首席研究員というよくわからない肩書きもある。

この本は彼女と堀内先生との対話形式で進んでいく。実際に行われた対談ではなく、哲学の講義の中で交わされたやり取りを対話形式で再構成したものである。各章の終わりには彼女自身のコラムが挟まっていて、哲学に対する自身の思いをより詳しく語るものとなっている。

一見するとかなりポップではあるのだが、内容はソクラテスから始まるとても真摯な哲学対話になっている。意表を突かれたのは、最初の方で彼女が吉野弘の『I was born』という詩を取り上げたことだ。その詩の解釈が独特で、それがそのまま彼女の哲学の表現となっている。

ソクラテスは哲学は善い人生を送るためにあると言う。しかし私たちは生まれさせられた存在である。そしてやがて死にゆく存在である。そんな不条理な人生をどうやって善く生きられるというのか。ソクラテスは自ら毒を飲んで死んだではないかと彼女は問う。

そんな風に、彼女の哲学的な関心に沿って、堀内先生はそれこそソクラテスのような役回りで様々な哲学者の哲学を紹介していく。堀内先生に感心したり反発したり一旦は先生と決別したりしながら、彼女の哲学はより深まっていく。

読んでみて、どうして彼女が結婚宣言をしたのかを考えてみた。彼女は恋愛をしたらそのことに誠実でありたいと思っていた。そしてアイドルは恋愛禁止という大人の「哲学」への反発もあった。それがあの場での結婚宣言へとつながったのではないか。だがそういう青年の哲学には危険性もあることは本書にもちゃんと書かれてある。怪物を倒そうとして自らも怪物になるという危険性である。それをわかってやったのだとしたら、りりぽんはあえて怪物になることを選択し、「人生を危険にさら」したのである。

(7月18日読了)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ