« 読んだ本2冊 | トップページ | 佐藤優樹・工藤遥(取材)『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪記』(竹書房)を読む »

読んだ本2冊 part2

12月2日(火)

10月と11月はあまり本を読まなかった。もう一冊、マザー・グースに関する本を読んでいたのだが、10月末から11月初めに長崎に帰省した際に置いてきてしまった。ブログに感想を残すのも、読んで日が経つと何だか面倒だ。そこで、読んだ直後にTwitterに一言だけ感想ツイートを残したので、それを載せて代わりとしたい。

1.宮崎哲弥+藤井誠二(対論)『少年をいかに罰するか』(講談社+α文庫)

本書において、現在の日本の少年犯罪や少年法、改正少年法についての論点は荒削りながらほぼ出尽くしており、あとは各論点についていかに議論を深めるかだろう。

(10月15日読了)

2.斎藤環著『生き延びるためのラカン』(basilico)

これでラカンのことがわかったような、わからなかったような。著者によれば、ラカン理解はそんなものでいいらしい。(ホントか?)

ラカンのことはわらかん、いや、わからん。

(11月24日読了)

|

« 読んだ本2冊 | トップページ | 佐藤優樹・工藤遥(取材)『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪記』(竹書房)を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/60749734

この記事へのトラックバック一覧です: 読んだ本2冊 part2:

« 読んだ本2冊 | トップページ | 佐藤優樹・工藤遥(取材)『まーちゃんくどぅーのハロプロ先輩探訪記』(竹書房)を読む »