« 上橋菜穂子著『闇の守り人』(新潮文庫)を読む | トップページ | 上野千鶴子著『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(紀伊國屋書店)を読む »

過去の読んだ本の感想(シリーズ)7

7月31日(木)

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

1989年

Sun.15/10/'89

I read books.「ドナウの旅人」(宮本輝)、「母なるもの」(遠藤周作)、「口笛を吹く時」(遠藤周作)etc...I shall read the books of Endo Shusaku. He is a Christian. He is an author. I didn't take an interest in his novels in Japan. But now I feel an interest in them.

25/10/'89
I am reading 「木霊」(北杜夫)now.

26/10/'89
I have read 「木霊」KODAMA(echo?)

29/10/'89
22:00
I was impressed with the novel:"KODAMA". I also want to write such a novel. He loved the author of Thomas Man. But I don't love any writer. Thereby I cannot write such a novel.

1990年

24/1/'90
「アンナ・カレーニナ」トルストイ(新潮文庫)を読了。これで2回目か。あいかわらず、アンナの魅力がわからない。リョービンに以前ほど好感が持てなくなった。「リョービンは正しい」と昔、書いたことがある。今は、何が正しいのか、という気持ちである。

「生きがいへの旅」森本哲郎(角川文庫)読。特に言うことはない。

12/2/'90 Mon.
19:30
立花隆「脳死」を先週、2日で読みとばした。ギリギリのところで死とは何かが問われている。恐いくらいである。人は死ぬ。あたりまえだ。でも…。

15/3/'90(THU)

昨日、色川武大の「狂人日記」を読んだせいか、自分がおかしくなりそうな不安定な気分が続いている。妙な夢もたくさん見たようだ。イライラしている。

彼の小説と吉本ばななの「TUGUMI」とどっちが面白いか。私にとっては、やはり「狂人日記」の方である。この本は私をゆさぶる。吉本の方は、退屈する。

Sun.8/4/90

「carcase for hounds」を読んでいる。自由のために闘ったといわれるマウマウ団の闘士と、現実に僕が見るケニア人とのへだたりが大きすぎる。

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


|

« 上橋菜穂子著『闇の守り人』(新潮文庫)を読む | トップページ | 上野千鶴子著『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(紀伊國屋書店)を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/60074865

この記事へのトラックバック一覧です: 過去の読んだ本の感想(シリーズ)7:

« 上橋菜穂子著『闇の守り人』(新潮文庫)を読む | トップページ | 上野千鶴子著『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(紀伊國屋書店)を読む »