« 宇田亮一著『吉本隆明『心的現象論』の読み方』(文芸社)を読む | トップページ | 宮下恵茉・作 宮尾和孝・絵『ガチャガチャ☆GOTCHA!』(朝日学生新聞社)を読む »

2014.01.25

森見登美彦著『有頂天家族』(幻冬舎文庫)を読む

1月25日(土)

京都に住む狸の家族を中心とした抱腹絶倒の物語。狸のほかに天狗も出てきて人間は脇に置かれている。最初から最後まで荒唐無稽でドタバタした物語なのだが、その背景に京都の街や神社、森があって、物語に独特の世界観を与えている。狸や天狗が人間と共存していても別に不思議ではない気がするのは、物語の舞台が京都だからだろう。

一応あらすじらしきものはあるのだが、読者はそれを知ってから読むよりもこの物語世界に直接入り込んでその豊かさを味わうべきだろう。ただ、京都を知っている人の方がより楽しめるかもしれない。

(1月24日読了)

« 宇田亮一著『吉本隆明『心的現象論』の読み方』(文芸社)を読む | トップページ | 宮下恵茉・作 宮尾和孝・絵『ガチャガチャ☆GOTCHA!』(朝日学生新聞社)を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/59007780

この記事へのトラックバック一覧です: 森見登美彦著『有頂天家族』(幻冬舎文庫)を読む:

« 宇田亮一著『吉本隆明『心的現象論』の読み方』(文芸社)を読む | トップページ | 宮下恵茉・作 宮尾和孝・絵『ガチャガチャ☆GOTCHA!』(朝日学生新聞社)を読む »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ