« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013.10.13

過去の読んだ本の感想(シリーズ)5

10月13日(日)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

1987年
11月8日(日)

「人間というのは、本質的にむずかしい問題は、決してきらいではない。むしろ好きだといったほうがよい。(略)」(「文明の逆説」立花隆 p.244)

1988年
1月20日(水)

「苦悶するアフリカ 篠田豊」(岩波新書)を読んだ。これで僕はアフリカの地図を1枚手に入れたことになる。

2月13日(土)

月曜日から、「帝都物語」全11巻のうち、10巻まで読んだ。11巻目は附録のようなもので、何だか読む気がしない。

今、竹内敏晴「ことばが劈(ひら)かれるとき」(ちくま文庫)を読んでいる。ワクワクする。叫び出したい気分だ。私の悩みを解きほぐしてくれるようだ。

3月1日(火)

僕に届く言葉はあるのだろうか。山崎哲と芹沢俊介の討議集「子どもの犯罪と死」(春秋社)を読んでいる。共感できる部分が多い。

3月13日(日)

夕方、灰谷健次郎の「優しさとしての教育」を読む。僕の思想とはかみ合わない。都市を否定するから。ヤサシサにもなじまない。ただ、使いモノになるって言葉に衝撃を受けているOさんには共感した。今、ドストエフスキーを読んでいる。福武文庫の「前期短編集」だ。ドストエフスキーの中篇、短篇は、今ひとつおもしろくない。長篇はすっごくいい。この違いは何だろう。

3月17日(木)

小浜逸郎「学校の現象学のために」(大和書房)を読んだ。学校の内側で今何が起こっているのかを、これほど明確に語った人がこれまでにいただろうか。言葉が現実を見事にとらえている。僕らが無意識に抑圧している感情までも、適確にえぐり出している。赤えんぴつで書き込みをいれるという久しく忘れていた習慣をよみがえらせてくれた。

5月26日(木)

高野生(たかの・せい)「20歳のバイブル」(情報センター出版局)を読む。山崎がハガキでぜひ読めと言ってきた本だ。今イメージがあふれ出るように出てきて止まらない。書きとめておくか。いや、やめとこ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2013.10.05

吉本隆明著『ほんとうの考え・うその考え ―賢治・ヴェイユ・ヨブをめぐって―』(春秋社)を読む

10月5日(土)

昨年3月に87歳で亡くなった思想家・吉本隆明の89年、93年、96年の3回の講演をまとめたもの。すべて森集会という聖書を研究する団体の主催で、兵庫県芦屋市の芦屋市民センターで行われたものである。

宮沢賢治、シモーヌ・ヴェイユ、ヨブは、いずれも熱心な信仰者である。賢治は法華経、ヴェイユはキリスト教、ヨブはユダヤ教と信仰の対象は異なる。だが、いずれも党派性からはみ出た思想を獲得した信仰者である。

吉本は彼らがどのようにして党派性を越えたかに着目し、賢治は文学と科学、ヴェイユは肉体と精神の苦痛、ヨブは度を越えた受難によって、と理解する。

吉本の生涯の関心は、人は思想や宗教や政治の党派性をいかに越えられるかにあったが、ここでもそのテーマが中心に据えられている。「ほんとうの考え・うその考え」は賢治の『銀河鉄道の夜』初期形に出てくる言葉で、このテーマのキーワードにもなっている。

誰もが党派性を越えた開かれた場所に行けるとは思えないが、いかに越えたのかが具体的な人物によって示されることは希望になる。吉本自身もそうした思想家であった。

(9月30日読了)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ