« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013.06.20

小林凜著『ランドセル俳人の五・七・五』(ブックマン社)を読む

6月20日(木)

副題は「いじめられ 行きたし行けぬ 春の雨―11歳、不登校の少年。生きる希望は俳句を詠むこと。」とある。著者の小林凜くんは1kgに満たない未熟児として生れ、喘息や感染症で入退院を繰り返しながらも、小学生になることができた。だが、他の子より体が小さく、動きも不自由なためか、激しいいじめの対象になる。

母親や祖母は命の危険すら感じて学校に申し入れるが、担任を始めとして誰も話を聞いてくれない。それどころかモンスターペアレント扱いされてしまう。1人だけ味方の先生もいたがいじめが収まることはなく、ついに5年生になって「不登校」を選択する。

そんな凜くんの支えになったのは、幼い頃から自然に口に出るようになった俳句を詠むことだった。この本はそうやって詠み続けた俳句の句集であるとともに、母や祖父母の凜くんを守るための闘いの記録にもなっている。

凜くんの俳句は小学3年生の頃から朝日新聞の朝日俳壇でたびたび入選するようになった。正直、わたしには俳句の良し悪しはよくわからない。だが、凜くんの俳句からは、続けて読んでいくと、傷つけられた人間がそれでも負けずに成長を続けようとしている様が伝わってくる。

凜くんの俳句の才能はこれからも伸ばしてほしいものだけれど、同時に、いじめから凜くんを守れない学校っていったい何なのだろうとも思う。いじめをなくすことは難しいかもしれないが、いじめから子どもを守ることはできるのではないか。

大津の中学生の自殺という悲しい犠牲によって、今ようやく学校のいじめから子どもを守る試みが全国に広がり始めた。凜くんが学校に戻ることになったら、もう2度といじめを受けることのない、楽しい学校生活を送ってもらいたいものである。

(6月17日読了)

2013.06.18

越水利江子(こしみず・りえこ)・作、結川(ゆいかわ)カズノ・絵『リンカーン アメリカを変えた大統領』(角川つばさ文庫)を読む

6月18日(火)

5月に見た映画『リンカーン』が伝記的な物語ではなかったため、もう少しリンカーンの生涯を辿った物語を読みたいと思っていた。ちょうどそのタイミングで著者がこの本を出したことを知り、読んでみることにした。この著者は児童文学作家で、以前『ヴァンパイアの恋人』という作品を楽しく読んだ記憶があった。

子ども向けの本ではあったが、リンカーンの激動の生涯をまるでドラマを見ているように感動しながら辿ることができた。また、歴史の勘所がしっかりと抑えられていて、19世紀中ごろからの奴隷制を中心としたアメリカ史の流れを知ることもできた。

この本を読んだ後だと映画の理解も深くなる。また映画を観たくなった。まだ映画を観ていない人はこの本を読んでから観た方がいい。

(6月13日読了)

2013.06.09

過去の読んだ本の感想(シリーズ)3

6月9日(日)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

1987年9月5日(土)

『高校生のための文章読本』(筑摩書房)

1. 『ピエールとジャン』序文 モーパッサン 稲田三吉訳

設問:「燃えている炎や、野原の中の一本の木を描くにしても、その炎や木が、われわれの目には、もはやいかなる炎、いかなる木とも似ても似つかないものに見えてくる」(三・8)とはどのような状態をいうのだろうか。

解答:わたしたちは、ふつうに木を見る時、あらかじめ「木」という言葉にからみついている概念で見てしまう。しかし、実際に見ている木は、他のどの木とも異なる世界中でただ1本の木のハズだ。

だから「木」という概念をいったんよそに置いといて、見ている木そのものと対面してみると、その木が、いかに他の木とちがうかというその木の独自性が見えてくる。その時、その木は、「木」ではない。私が見ている、私だけの個別な対象である。

2. “夜と霧”の爪跡を行く 開高健

設問:「一度微塵に砕かれてみたいと思っていた予感」(七・16)とはどんなものであったと想像できるだろうか。

解答:言葉ですべてが表現できるという自信と、何も表現できないのではないかという不安が作者にはあった。そして「“夜と霧”の爪跡を行く」時、彼は完全に言葉を失なった。表現したいことがあるのに、言葉はなかったのである。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

2013.06.03

青来有一著『爆心』(文藝春秋)を読む

6月3日(月)

長崎在住の芥川賞作家・青来有一の短編集。「釘」、「石」、「虫」、「蜜」、「貝」、「鳥」の6編が収録されている。初出は『文学界』で各々2005年2月号、7月号、8月号、2006年1月号、3月号、7月号に掲載された。『聖水』で芥川賞を受賞したのは2001年なので、それから4、5年後の作品ということになる。

青来作品は『聖水』に収録の最初の短編「ジェロニモの十字架」を何とか読み、次の「泥海の兄弟」を読みかけた所で力尽きていた。隠れキリシタンの信仰がテーマのようで、宗教には興味がなかったものだから、読んでいるうちに苦痛を感じて読むのを止めた。わたしには関係ない小説だと思った。

今回、『爆心』を読む気になったのは、今度、この本が『爆心 長崎の空』として映画化されることを知ったからである。せっかく故郷の長崎が舞台の映画が公開されるのだから、見る前にその原作も読んでおこうという気になった。

読んでみると、やはり最初の「釘」を読むのはかなりの苦痛だった。長崎弁で書かれた文体が読みづらく、しかも、隠れキリシタンの末裔の老人が、統合失調症で嫁を殺害した息子のことを語るという何ともやりきれない話だったからだ。だが次の「石」は文体にも慣れてきたのか、比較的ユーモラスな話だったからか、読後感もよく、そのことで次第に青来ワールドへと入れるようになった。一旦入ってしまえば、作家の表情や息遣いまで感じられるような繊細な文体を楽しめるようになる。

この短編集には様々な人物が登場するが、直接的なテーマは長崎の隠れキリシタンの信仰と被爆体験だろう。隠れキリシタンは長く迫害を受けながらも信仰を守ってきたが、原爆を落とされて聖地の浦上天主堂が吹っ飛んでしまう。原爆はキリシタンの信仰の中心地に落ちたのである。その時以来隠れキリシタンの末裔たちの信仰にゆらぎが生じる。この短編集では様々な形の信仰のゆらぎを描いているように見える。ある時は病者にある時は被爆女性にある時は老人にと主人公は様々で、そこに長崎の民俗的な伝承の記憶も加わって、作家の想像力は実に多様なゆらぎを描いてゆく。

そのことで、この作品群は現代を生きるわたしたちの<信>の問題ともつながってくる。この現代社会において、わたしたちは何を信じればいいのか、何も信じることができないとしたらわたしたちはこれからどうなるのか。そんなより普遍的な問いがこの短編集では問われているようでもある。

(雲仙普賢岳噴火の日に)

2013.06.02

過去の読んだ本の感想(シリーズ)2

6月2日(日)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

1987年4月12日(日)

『先生 ご栄転ですか』(久志冨士男、青磁社)

腹の底まで、僕に絶望感を起こさせる。底辺校で働くには、パワーが必要だと言うのだ。僕にはパワーがない。

しかし不快感はない。真の教育者が書いた本である。自己の無力感におびえながらも、彼の正しさが実感できる。

1987年6月4日(木)

上野瞭著『ひげよ、さらば 上・下』(新潮文庫)

「ヒゲよさらば」のヨゴロウザの暗さ。そして1匹1匹がバラバラな猫たちの暗さ。そして、猫がまとまった時の暗さ。この物語は暗い。暗すぎる。

―この世界がすばらしいもののように思える日がくる。そのうちに、この世界を、どうしてすばらしいなどと考えたのじゃろうと思う日がくる。それから、この世界が、わしらの考えにおかまいなしにあるものじゃとわかる日がくる。―

世界を認識し、それに主体的に関わることは、不可能なのか。世界を認識するとは、世界が我々の考えとお構いなしにあるということを知ることなのか。世界は変えることのできないものなのか。

つまらない。

猫たちはまとまろうとする。その中で独裁者(ヨゴロウザ)が生れる。独裁者は、猫たちをまとめるために暴力に訴える。猫たちはまとまるどころか、憎しみ合うようになる。独裁者は、マタタビに走る。

すべてはヨゴロウザの夢の中。年老いたヨゴロウザが、若い猫に語り聞かせる物語。

まとまる必要があるのは、敵がいる時だけ。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ