« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

江口まゆみ著『中国で、呑んだ!喰った!キゼツした!』(幻冬舎文庫)を読む

10月28日(日)

タイトルだけだと、酒好きの女性が中国を一人旅して大好きなお酒を飲みまくり時には羽目も外した旅行記であるかのような印象を受ける。

だが、読み進めていくうちに、著者はプロのライターであり、これは雑誌か何かの企画であることがわかってくる。著者は1年前からNHK講座で中国語を勉強し、2003年のSARS騒ぎが収まった後の7月末から2カ月間、写真担当の女性と二人で中国南部の少数民族を訪ね回って体当たりで取材した。酒の製造を専門的に勉強したことがうかがえ、中国南部の少数民族から様々な酒の製造法をくわしく聞き出している。この本はプロの仕事なのだ。

確かにこの人は大酒飲みであり、少数民族のいろいろな料理を時には珍味であってもおいしく喰らい、記憶がなくなるまで飲み歩いている。そうした点ではタイトルに偽りはない。

残念なのは、スペースの関係なのか、写真担当と同行しているのに、文庫版の本文には写真がいっさい載っていないことである。だから次々に出てくる酒や料理も文章だけで想像するしかない。あとは表紙に載っている写真だけが頼りである。

ただ、著者はブログも書いていて、そこには中国の酒や中華料理についても写真と文を載せているので、そのブログからもどんな酒を飲んだかある程度はわかる。ブログの文章はいたって真面目で酔っぱらって書いてはいない。

酔っぱライターの酒日記

それにしても酔っぱライターという職業がよく成立しているものである。もっとも著者の前に道はなく著者の後ろにも今のところ道はない。この著者でないと成立しない仕事をはたして職業と呼ぶべきなのかは疑問であるけれど、チラシ評論家やテレビ番組評論家もいる時代である。そう驚くことでもないのだろう。たぶん^^;

(10月22日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越水利江子著『ヴァンパイアの恋人 誓いのキスは誰のもの?』(ポプラ社)を読む

10月5日(金)

この物語には英語のタイトルもある。 Lover of the Vampire―A vow sealed with a kiss―である。ヒロインはルナという何やら月に関係する名前の16歳くらいの少女。舞台はヨーロッパのどこかの国のようだが、特定されてはいない。どうやらこの子がヴァンパイアの恋人で、いずれ誓いのキスをすることになるらしいと推測できる。

物語は『月の一族 風伝』なる書物からの引用文、そしてルナの悪夢から始まり、やがてルナの母親が亡くなる。そこへまだ会った記憶のない父親の使いという老執事が迎えに来る。向かった先は島の中にある高校の寄宿舎だった。島には中世のようなお城とその城下町のような田舎町があり、そこでは人間とヴァンパイアが共存していた。

中世のようなお城と町、おいしそうな料理、お嬢様ファッションに舞踏会、登場人物の99%は美男美女という、まるで少女マンガのような世界である。実際あとがきで筆者は、萩尾望都の『ポーの一族』という少女マンガについて語っている。それだけでなく、この物語には過去のいろいろな名作の要素が入っている。すぐ思い浮かんだのは『小公女』と『あしながおじさん』それに『赤毛のアン』だった。おそらくまだいくつかあるにちがいない。筆者自身が各章のタイトルにそのヒントがあると教えてくれているからだ。

ルナは最後の章で魔女狩りの行われていた時代へとタイムスリップしてしまう。はたしてこの後どうなるのだろうか。実はこの物語には続きがあって『ヴァンパイアの恋人 運命のキスを君に』がすでに刊行されている。これは続きを読むしかないだろう。

(9月30日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »