« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

「難」を語れる作家の誕生。大野更紗著『困ってるひと』(ポプラ社)を読む。

8月27日(土)

わたしが初めて大野更紗という人の存在に気づいたのは、昨年の12月頃、Twitterを通してだった。確か荻上チキさんのツイートで紹介されていたと思う。難病にかかって闘病中の女性で、Web上でエッセイを連載しているとのことだった。彼女自身もTwitterのアカウントを持っているということでさっそくフォローした。アイコンの、メガネをズラして斜に構えた姿にコミカルな印象を持った。

ツイートの内容から最初は30代の半ばくらいかなと漠然と思っていたけど、そのうちまだ26歳で、大学院でビルマや難民の研究をしていた人であると知った。どうりで国際的な問題に深く鋭く切り込んだツイートをするはずである。そして彼女自身が難病にかかっているためか、障害者の問題にも鋭いツイートをしていた。

この本の原型は、ポプラ社のポプラビーチというサイトで連載されていた『困ってるひと』というタイトルのエッセイである。月2回の連載で、難病にかかった彼女がいかにしてそれと闘ってきたかが、けっして深刻ぶることなく、むしろユーモラスに突き放すように描かれていた。その世界に取り込まれて、いつしかエッセイの更新がわたしの楽しみになっていった。

この本から感じられるのは、難病の苦しさとともに、それと果敢に闘っている彼女の生命力の強さである。この強さはやはり彼女の若さから来るのだろう。わたしは途中から、まるでチョモランマ登頂を目指す登山家の手記を見るような気持ちで、彼女の文章を読んでいた。

闘病の中で彼女は、難病と闘うためには制度の助けが必要であること、しかし日本ではその制度が不十分であることに気づく。彼女の闘いは病そのもの以外に日本の制度や無理解な医療の現場や一般人との闘いへと広がる。制度は黙っていても変わらない。当事者が声を上げて行政を動かす必要があり、さらにはその制度への一般人の理解が必要である。

この本はだから闘病記でありながらそれを超えたものとなっている。一般の人にも読んでもらわなければならないからである。ベストセラーにならなければならないからである。

大野更紗さんがこれからどういう作家になっていくかはわからないけれど、この本が皆に誇れる処女作であることはまちがいない。困ってるひと、「難」を語れる作家として、これからも見守っていきたいものである。

困ってるひと

読み助の本棚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひし美ゆり子 樋口尚文著『万華鏡の女 女優ひし美ゆり子』(筑摩書房)を読む

8月9日(火)

ウルトラセブンのアンヌ隊員として知られる女優・ひし美ゆり子の女優としての軌跡を描いた本。ひし美がアンヌ隊員であったのは1967年10月から68年9月までのわずか1年、ちょうどその時期は映画の凋落とTVの勃興が交差する時期であり、ひし美は最後の撮影所女優として、その激流に巻き込まれながらも軽やかに流されるままに泳いでゆく。

ひし美ゆり子は、アンヌ隊員の頃の芸名は菱見百合子であった。それ以前には本名の菱見地谷子で活動していた時期があり、アンヌ隊員以後に成人映画に出たことがきっかけで現在のひし美ゆり子になる。その芸名の変遷は、そのままひし美の活動の変遷を象徴している。

この本は、文章は映画評論家の樋口尚文が担当している。私と同世代の評論家の文章には、アンヌ隊員への目線に似たところがあって共感できた。また評論家だけあって日本映画への造詣が深く、ひし美の出演した映画の解説や映画監督や脚本家のエピソードも実に興味深かった。

またこの本の大部分は、ひし美へのインタビューで占められている。そこで語られるエピソードも実におもしろかった。この本を読めば、アンヌ隊員しか知らなかった人でも、他の出演作も見たくなるはずである。

ひし美ゆり子は未だ現役の女優であり、Twitterやブログを続けている現役のネットアイドルでもある。そのことの幸運に感謝しながら、ひし美さんの活動をこれからも1ファンとして追っていきたい。

(長崎原爆投下66年目の日にこれを記す)

万華鏡の女―女優ひし美ゆり子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『人生、ここにあり!』を観る

8月4日(木)

1日(月)の映画の日に、シネスイッチ銀座で『人生、ここにあり!』というイタリア映画を観てきた。副題は『Si Puo Fare[シ・プオ・ファーレ]!』(やればできるさ!)である。

映画の日とはいえ平日なのに客席は満杯、立ち見まで出る盛況ぶりであった。それほど話題の映画とも思えないのだが、外国映画好きな人には見たいタイプの映画なのかもしれない。深刻な課題をヒューマニスティックにそしてコミカルに描くイタリア映画の伝統に則った感じの作りであった。

時は1983年のイタリア。登場人物は精神病の患者たちとそれを取り巻く人物たちで、主人公は、ひょんなことから患者たちの社会的な自立を目指して奮闘することになった、協同組合の異端の闘士である。実話を基に作られており、この名の協同組合は実在する。Si Puo Fare!は、その組合のスローガンである。

スクリーンの中では精神病を抱えた異形の人たちが異常な行動を取り続けるのだが、それがどこかユーモラスで、観客席から何度も大きな笑いが起こっていた。これは絶望の物語ではない。患者たちは、さまざまな問題を起こしながらも、希望を持って生きている。

だが、一般女性との失恋で手ひどく傷ついた男が自殺することで、主人公はいったん挫折してしまう。しかしそれを救ったのは、彼との仕事の中で変わっていった患者たちだった。

精神病を抱えた人たちを精神病院に隔離すべきなのか、それとも解放して社会で働いてもらうのか、日本でもこれから問題になってくるだろう。いや現実に、わたしの住まいのアパートでは、下の階に、精神病院から退院したとの噂の男が住んでおり、異常な言動を繰り返しながらも、何とか一人で生活している。

精神病院からの患者の解放が、こういう人を社会に増やすことでしかないのなら、わたしはその主張にはあまり賛成できない。だが、この映画を観ていると、彼らがどんなに変わっていても人間であることに変わりないことは理解できる。だとしたら、彼らが社会的な生活を送ることを権利として認めるしかないことも確かである。

人生、ここにあり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »