« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.26

三浦綾子著『母』(角川文庫)を読む

1月26日(水)

三浦綾子というと最近NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』にもその名が出ていた。『氷点』という作品が新聞の懸賞小説で入選し1000万円の懸賞金をもらったというもので、無名の主婦が賞を取ったということで大きな話題になっていた。1964年(昭和39)のことである。『氷点』はのちにTVドラマにもなって、その人気にあやかって『笑点』が名付けられたという。その作品にはキリスト教の信仰をテーマにしたものが多く、クリスチャン作家とも言われている。

『母』という作品は、小樽在住のキリスト者である小林セキの一生を描いている。小林セキは作家・小林多喜二の母である。セキが亡くなったのは1961年(昭和36)5月で、『母』はその年の4月、つまり死の1か月前にセキから話を聞いているという設定になっている。『母』の書かれたのは1992年(平成4)だから、この設定はもちろんフィクションである。

小林多喜二は戦前に日本共産党の活動をしていた作家で、1933年(昭和8)に警察に捕まって拷問を受け29歳で亡くなった。当時プロレタリア文学の旗手と言われ、代表作の『蟹工船』が数年前にブームになり、今の若い世代にも知られるようになった。

三浦綾子は夫から小林セキを書いてほしいと頼まれ、最初は多喜二もセキもよく知らないので気が進まなかったが、セキがキリスト者として受洗していると聞いて書く気になったと、あとがきで述べている。後に受洗していないことがわかって挫折しそうになったが、さらに調べて書く気になったそうである。

わたしはキリスト教も共産党のこともよく知らないし、小林多喜二の作品は『蟹工船』を2年ほど前にブームということで流し読みしてみただけである。それでも『母』を読んで、優しかった息子を警察に殺された母の気持ち、その母親がやがてキリスト教に惹かれて行く成り行きは理解できるような気がした。

セキにとっては、息子の多喜二が警察に殺されるということは想像を絶するできごとだったろう。貧しい人のいない世の中にするのだと、息子は一所懸命小説を書いていた。荒げた声を出すこともなく、険しい顔をすることもなくて誰にでも優しかった。その息子が警察に殺されたのである。セキは神も仏も信じられなくなる。

しかしセキは後に小樽でキリスト教の牧師と知り合い、イエス・キリストの物語を教わる。イエスは貧しい人や病気の人を憐れんで救っていたのに、役人に捕まって処刑された。処刑されたイエスの遺体を抱きかかえる聖母マリアの絵を見て、セキは衝撃を受ける。自分も同じように多喜二の遺体を抱いたからだ。セキはイエスの姿に多喜二を重ねるようになる。

セキは『山路こえて』という讃美歌が好きだった。その讃美歌ではイエスに導かれて天国へと山路を登っていく様子が歌われている。いつか自分も多喜二のようなイエスに導かれて天国へ行くのだとセキは思う。

三浦綾子の作品の底流には、キリスト教の信仰と自身が戦時中に小学校教師として戦争に協力したという罪の意識との2つの流れがあるようだ。『母』は夫に頼まれて書いたものだけど、小林多喜二という国家権力に屈しなかった作家の母でありキリスト者であるセキは、まさに三浦綾子の描くべき人間だったと言えるだろう。

母 (角川文庫)

2011.01.13

梅原猛著『梅原猛の『歎異抄』入門』(PHP新書)を読む

1月13日(木)

著者の梅原猛は1925年生まれ、元々は哲学者であるが、『地獄の思想―日本精神の系譜』や『隠された十字架―法隆寺論』などの日本の古代史や文学、宗教についての著述も多く、彼の業績を『梅原日本学』と呼ぶ人もいる。

この本はそんな日本を代表する学者である梅原猛による『歎異抄』の入門書である。『歎異抄』は鎌倉時代の浄土真宗の開祖・親鸞の直弟子、唯円の作であり、異を嘆くとあるように、親鸞の死後に誤った教えが広まっていくのを嘆いて、親鸞の生前の言葉を辿りながら、正しい教えを説いた本である。しかし、長らく浄土真宗の本願寺の内部に秘せられ、広く知られるようになったのは明治の末になってからである。

この本は入門とはあるが、実は著者独自の解釈が色濃く出ており、読み進めるうちに、はたしてこの本から先に読んでいいものかと迷った。しかし著者の語り口に乗せられて、つい最後まで読んでしまった。

明治以来多くの文学者や哲学者が『歎異抄』に魅せられ、数々の作品が発表されてきた。古くは倉田百三の『出家とその弟子』、わたしの学生時代だと吉本隆明の『最後の親鸞』、最近では五木寛之の『親鸞』を思い出す。

ただ、この本を読む限りでは、著者の熱意にも関わらず、わたしには『歎異抄』の魅力がいまいち伝わらなかった。個々の部分では引きつけられるところもあるのだが、全体としては何だかピンとこない。

ふと思い浮かんだのが、芥川龍之介の『くもの糸』という短編である。地獄に落ちた男は、哀れに思った仏からくもの糸をたらされて、そこから極楽への道を上り始める。念仏というのは要はこのくもの糸じゃないのかと思った。己が地獄にいるしかしょうがない業の持ち主なら、そもそも念仏などで救われるものなのだろうか。極楽へ行きたいという思いを抱くこと自体が人間の業なのであり、それだけで地獄行きの資格として十分なのではないか。

芥川のくもの糸は切れてしまった。『歎異抄』の親鸞の言動に、わたしはくもの糸を上る男の姿を見た気がした。


梅原猛の『歎異抄』入門 (PHP新書)

2011.01.04

柴田トヨ著『くじけないで』(飛鳥新社)を読む

1月4日(火)

今年初のブログということであけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


さて、この本の著者は1911年生まれで今年100歳になる女性である。この本は著者の処女詩集である。息子の勧めで90歳を過ぎてから詩を書き始め、92歳の時に産経新聞の「朝の詩」という読者投稿欄に初めて入選し、その後はこの欄の常連になる。この詩集には「朝の詩」の入選作を中心に42編が掲載されている。まえがきは「朝の詩」の選者で詩人の新川和江さんが、巻末には柴田さん自身による半生が綴られている。

この詩集は昨年の3月に発行されて、話題は何となく耳に入っていたのだけれど、買って読もうとまでは思わなかった。きっかけは、大みそかの朝にNHK総合で放映されていたドキュメンタリー番組である。その番組を何気なく見ていたら、著者自身が詩を朗読していて、そのすばらしい詩に思わず引き込まれ、即買うことにしたわけである。

詩集を読んでみると、番組ほどのインパクトは感じなかったけれど、やはりそのみずみずしい感性に驚く。それでいて詩の背後に凛として生きている様も感じられる。この詩は70代、80代の人の心にも届くのではないだろうか。

今年は父が77歳になる。父は詩や小説の類をほとんど読まない人だが、この詩だったら届くかもしれない。思い切って誕生日に贈ってみようかと今考えている所である。

くじけないで

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ