« ワクサカソウヘイ著『中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる』(情報センター出版局)を読む | トップページ | Kazuo Ishiguro著『A Pale View of Hills』(Faber and Faber)を読む »

2010.07.19

梶尾真治著『つばき、時跳び』(平凡社ライブラリー)を読む

7月19日(月)

8月に明治座の舞台『つばき、時跳び』を見に行く予定で、その前にと原作の小説を読んでみた。著者はSF作家の梶尾真治で、一般には映画『黄泉がえり』の原作者と言えばピンと来るのではないだろうか。

この小説は、九州は熊本市の高台にある「百椿庵」(ひゃくちんあん)が舞台である。この屋敷には実際に著者も幼稚園の頃から住んでおり、本当に幽霊の噂もあった。この小説は、自分の住んでいた屋敷が実はタイムマシンで、その幽霊が幕末から来た女性であったとしたらというSF的な想像力によって創作されたもののようである。

主人公の井納淳(いのう・じゅん)は駆け出しの作家で歳は30歳、熊本が舞台の歴史小説の執筆活動に専念するために、百椿庵という様々な種類の椿のある古屋敷に住むことになる。しばらくして彼は若い女の幽霊を見てしまう。その女があまりに清楚で美しかったため、また会えないかと家じゅうを探索するうちに、屋根裏に不思議な装置を発見する。その装置を組み合わせたところ、やがて実体化した女が現れる。女はつばきと名のる20歳の幕末に生きる女だった。

物語は淳とつばきの純粋な恋愛感情を中心に、現代から幕末へそしてまた現代へと展開するわけだが、ラストを除くと、あらすじにはあまり意外性はない。おもしろいのは細部の描写である。幕末の風景や風俗、人物の描写が具体的で、著者の資質がSFだけではなく歴史小説にもあることがうかがえる。特に食べ物の描写は見事で、読んでいて、つばきの手料理やお店のお婆さんの作る団子などはわたしも食べたくなった。SFでありながら著者の目が過去を向いているところに、この小説のおもしろさがあるとも言えるだろう。

明治座の舞台の方では、だいぶ設定が違っているようである。だが、小説にはない役があったり、アクションシーンもあったりするみたいで、舞台ならではのおもしろさを味わえそうで今から楽しみである。

つばき、時跳び

つばき、時跳び (平凡社ライブラリー)

« ワクサカソウヘイ著『中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる』(情報センター出版局)を読む | トップページ | Kazuo Ishiguro著『A Pale View of Hills』(Faber and Faber)を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/48916064

この記事へのトラックバック一覧です: 梶尾真治著『つばき、時跳び』(平凡社ライブラリー)を読む:

« ワクサカソウヘイ著『中学生はコーヒー牛乳でテンション上がる』(情報センター出版局)を読む | トップページ | Kazuo Ishiguro著『A Pale View of Hills』(Faber and Faber)を読む »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ