« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.30

垣添忠生著『妻を看取る日』(新潮社)を読む

4月30日(金)

副題に「国立がんセンター名誉総長の喪失と再生の記録」とあるように、著者は医師でありがん治療の専門家でもある。国立がんセンターに長く勤務し、がんで亡くなる患者と数多く接してきた。その著者が2007年の大みそかに、長年連れ添った妻をがんで亡くす。ところが、患者の死と数多く向き合ってきた彼をもってしても、妻を失って自らの想像を絶する苦しみを味わうことになる。それは人間の生きる限界を超えていると感じられるほどの苦しみだったと言う。

この本は、自身の半生を振り返りつつ、妻の死を自らがいかに受けとめ、そしていかにそこから回復していったかを記したものである。その中で、グリーフケアという学問も紹介される。愛する人を亡くした人たちについても、それを癒すための学問が存在するのである。

ただ、そういう学問があるとはいえ、立ち直るのはあくまでも自分自身である。著者は、そのためにはまず徹底して悲しむことが必要だと言う。喪に服すという言葉がある。その過程には様々な法事が挟まれているが、そこには先人の知恵が込められている。そして次の段階では、しっかりと生きるのだと自覚することが大切であると言う。亡くなった人に恥ずかしくない生き方を自ら模索し実践する中で、少しずつ薄紙を一枚ずつはがすように回復の感覚が訪れるのだそうである。

では周囲はどうすべきなのだろうか。著者にとってありがたかったのは、共に嘆いてくれる言葉だったという。悲しみを素直に表すことが、残された人への一番の慰めになるようである。

この本を読んでいる途中で、まだ読みかけの他の本の冒頭をふと思い出した。少し長くなるが、ここに引用しておきたい。この本と引用の文とがどう関係するのかは、実はよくわからない。ただ思い出したというだけのことである。

―私は病院で、生きている人が死にゆく人の傍に付き添うことの必然性について、何時間も考えさせられた。この必然性は、医師や看護師、つまり、できることをすべて行なうためにそこに居る人びとだけのものではない。死にゆく人に最後まで付き添おうとする人、打つ手が何もなくなったのに居つづける人、自分がそこに居つづけないわけにはいかないと切実に感じている人にとっての必然性でもある。それはこの世で最も辛いことではあるが、人はそうすべきだとわかっている。死にゆく人が人生を一緒に生きてきた親や恋人だから、という理由だけではない。人は、隣のベッドで、あるいは隣の病室で、まったく知らない人が孤独に死につつあるときにも、そこに居つづけようとするのだ。―
[アルフォンソ・リンギス著『何も共有していない者たちの共同体』(洛北出版)]

2010.04.25

江川紹子著『勇気ってなんだろう』(岩波ジュニア新書639)を読む

4月25日(日)

著者は今ではTVやラジオのコメンテーターとして有名な、1958年生まれのフリーのジャーナリストである。コメンテーターとしては、生真面目だけど優しい学級委員長といった感じがする。不正には厳しく対しながらも罪を犯した者を一方的に断罪はしない。その生真面目な優しさのままで、ジャーナリストとしても、オウム真理教の取材など硬派なテーマについて粘り強く取材を続ける一方、若者たちの生き方の問題にも取り組んだりしている。

この本は、そんな著者が勇気をテーマとして若者に向けて書いたものである。自分も勇気がなくて迷うことが多い。でも世の中には「何でこんなに勇気があるんだろう」と思える人たちがいる。彼らは何でそんなに勇気があるのか。著者はジャーナリストらしく、実際にそういう人たちに取材することで、その疑問を解明しようとする。

取材の相手は、登山家の野口健と元政治家の山本譲司、拉致被害者家族の蓮池透、元警察官の仙波敏郎、NPOの高遠菜穂子、イスラエルで兵役拒否をした人たちとである。彼らに共通しているのは、おかしいと自分で思えることに対しては、その気持ちを抑えないでそれを変えるために行動していることである。そのために、世の中や時には国や警察からも迫害を受けるが、そのことで傷つきながらも、自らの気持ちに正直に行動することを止めていない。

著者はこの取材を通じて、勇気ある生き方とは自分の良心に従って生きることであるというメッセージを若者に伝えている。その道は容易ではない。でもそうやって生きることが結局は一番幸せな生き方なのである。

この本を読んで、そういえばと、本棚の奥から高遠菜穂子著『愛してるって、どう言うの?』(文芸社)を取り出した。2004年の春に高遠さんはイラクで人質になって、解放後も激しいバッシングにあっていた。何となく応援したい気持ちからその頃に買ったのだが、読まずにそのままになっていた。この機会に読んでみようと思う。

2010.04.17

甲斐荘正晃著『女子高生ちえの社長日記』(プレジデント社)を読む

4月17日(土)

この本はビジネス書の一種で、著者の甲斐荘正晃(かいのしょう・まさあき)氏はコンサルティング会社の代表である。父親の社長が急逝したことで、まだ女子高生の娘のちえが、兄が大学を卒業するまで社長を務めることになるという小説なのだが、その全部で19話の物語を読み進めるうちに、会社業務に無知だったちえと同じ目線で、会社業務の全体が徐々にわかるようになってくる。

前回紹介した「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」などと同じ系統のビジネス書と言えるが、会社業務全般についての説明が必要なためか、物語としてはやや退屈である。でも、これから就職活動をする学生や新入社員、入社2、3年めくらいの社員にとっては必読だろう。それに、今のビジネスのトレンドも抑えてあるから、わたしのようにトレンドに疎い古株の会社員にも役に立つ。

各話の最後には、ちえが飼っている黒猫ワンタの一口メモがあり、各話のキーワードを説明してくれる。例えば第1話は減価償却、第8話はQCD、第14話はPOSについてである。また「黒猫ワンタのこれが会社!?」というウェブサイトもあって、そこでさらにくわしい知識を得ることもできる。そのサイトを下にリンクしておく。

黒猫ワンタのこれが会社!?

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ