« 荻上チキ著『社会的な身体(からだ)』(講談社現代新書1998)を読む | トップページ | 連続ドラマ『ねこタクシー』を見始める »

2010.01.03

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観る

1月3日(日)

今年最初ということで、みなさんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

元日の午後に『カールじいさんの空飛ぶ家』を新宿ピカデリーに観に行った。この映画はディズニーとピクサーの共同制作のアニメである。普通の映像に加え、デジタル3D映像もある。基本的にTVで大宣伝している映画は観に行かないのだが、この映画だけは前から観たいと思っていた。

わたしは3Dの字幕で観た。3Dだと入場料が300円余計にかかり立体眼鏡の借料が700円するが、元日は映画の日で基本の入場料が1000円だったので、2000円で観ることができた。

3Dで映画を観たのは初めてで、画面が立体的に見えるのが新鮮だった。10分程度の短編アニメから始まり、笑って少し泣けた後で本編に入る。

本編については、すでにTVで散々宣伝しているし、専用のサイトもあるからここで紹介することもないだろう。一つだけ気付いたことを言うなら、このアニメのメッセージが、いきものがかりの『YELL(エール)』のメッセージと同じということであろうか。カールじいさんの夢とこれから巣立つ若者たちの夢は実は同型なのである。参考までに映画のサイトとYELLの合唱を聞けるサイトをリンクしておく。

カールじいさんの空飛ぶ家
Nコン2009 21年度の課題曲中学校の部 YELL

« 荻上チキ著『社会的な身体(からだ)』(講談社現代新書1998)を読む | トップページ | 連続ドラマ『ねこタクシー』を見始める »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

KESTESさん、コメントありがとうございますcatface
ディズニーランドはもう10年行ってないので、そろそろ行きたいですね。カールじいさんのモニュメントも見たいものです。

「沈まぬ太陽」は見ませんでした。いずれTVで放映されればいいのですが。山崎豊子原作ではTVドラマの「大地の子」が好きです。

ps  しかしKESTESてそのまんまやん(-_-;)

ディズニーランドに行きました。カールじいさんのモニュメントがチキルームの前にありました。もちろん記念撮影!3Dはこれからの主流になると思います。臨場感が違うと思います。
いきものがかりは、娘が聴いています。Yellとの関係は何も言っていませんでしたが・・・
ところで、「沈まぬ太陽」見ました?感想を聞かせて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/47190947

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観る:

« 荻上チキ著『社会的な身体(からだ)』(講談社現代新書1998)を読む | トップページ | 連続ドラマ『ねこタクシー』を見始める »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ