« スコット・フィッツジェラルド著『グレート・ギャツビー』(中央公論新社)を読む | トップページ | 野間正二著『「グレート・ギャツビー」の読み方』(創元社)を読む »

2009.08.03

映画『冬の怪談』を観る

8月3日(月)

わたしはハロープロジェクトというアイドルグループのライトなファンで、時々、彼女たちの出演する舞台やコンサートを見に行っている。この『冬の怪談』もその中のユニット℃-uteのリーダー・矢島舞美とS/mileageのメンバー・福田花音が出ているということで観に行った。

ヒロインは矢島舞美ということだったが、実際に観てみると本当の主役は福田花音の方だった。副題にぼくとワタシとおばあちゃんの物語とあるから、矢島をヒロインと言うのはそもそも不自然で、おそらく宣伝用のヒロインなのだろう。

物語自体は荒唐無稽で、ホラームービーの割にはあまり怖くなかったし、画面のつながりも不自然なところが多く、映画としてはB級なのかなと思う。思想的な深みを出そうとしているようだったけど、それもあまり意味のない深みだった。昔「サイボーグ・しばた」というTVドラマを観た時の感覚を思い出した。

それでも美人の矢島とかわいい福田の演技を見られて、ファンとしては十分満足である。特に福田の演技は秀逸で、中でもクライマックスの目の演技には引きこまれた。福田は将来映画の世界に進んでもいいのではないだろうか。

上映はシネマート六本木で7日まで。特にお勧めというわけではないが、気が向いたら観に行ってもらいたい。

冬の怪談

« スコット・フィッツジェラルド著『グレート・ギャツビー』(中央公論新社)を読む | トップページ | 野間正二著『「グレート・ギャツビー」の読み方』(創元社)を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/45824065

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『冬の怪談』を観る:

« スコット・フィッツジェラルド著『グレート・ギャツビー』(中央公論新社)を読む | トップページ | 野間正二著『「グレート・ギャツビー」の読み方』(創元社)を読む »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ