« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

城戸久枝著『あの戦争から遠く離れて』(情報センター出版局)を読む

4月30日(木)

久しぶりにノンフィクションの傑作を読んだ。この本を書けた著者に、嫉妬も混じった称賛を贈りたい。文才があるだけではこんな本は書けないからだ。もっとも、わたしが称賛するまでもなく、この作品は2008年に第39回大宅壮一ノンフィクション賞と第30回講談社ノンフィクション賞を受賞している。これは史上最年少でのダブル受賞である。

著者の父親は中国残留孤児である。1970年、まだ日中の国交回復のない時期に、自らの懸命な努力の果てに無事帰国を果たした。日本で日本人と結婚し、著者は次女として1976年に生まれた。この本では、その立場から父と娘の体験を描くことを通して、あの戦争からつながる中国を中心とした戦後史が描かれてゆく。

著者にとって転機だったのは、大学時代の中国への留学である。それは97年から99年にかけての2年間で、その中で著者は中国のいいところも悪いところも体験する。中国の「親戚」や父親の友人たちと出会って熱烈に歓迎を受けるかと思えば、反日体験にショックを受けたりもする。その体験が中国での父親の体験への深い関心につながるのだ。

10年近くの取材の最後に、著者は父親の育った故郷を訪れる。その近くを流れる牡丹江を見ている中で、著者は父親と自分の物語がこの川の流れを始まりとする大きな流れとしてつながっていることを体感する。この本が名作になったのは、この著者の実感が底流にしっかり流れているからである。

4月からはNHKの土曜ドラマで、この本を原作とした『遥かなる絆』(全6回)も放映されている。実を言えば、本はだいぶ前から持っていたのだが、458ページもある単行本で持ち運ぶには重いのでつい後回しにしていた。いい機会だと一念発起して何とか読み終えた次第である。ドラマの放映は次回が第3回である。

余談だけど、本の最後にある父と娘の近影が何だか微笑ましかった。

2009.04.13

釈徹宗著『仏教ではこう考える』(学研新書)を読む

4月13日(月)

浄土真宗の住職である著者が、一般人の素朴な疑問に答えた本。全体で二部ある。第一部の紙上問答編は、京都新聞で連載していた「紙上問答」というコラムに加筆修正したものであり、52の質問からなる。第二部の日々の問答編は、壇家さんとのやりとりの中で住職として考えたことを書いている。

第一部は、読者からの素朴な質問に答えている。その質問には「なんで坊さんに坊主頭でない人がいるの?」とか「占いを信じるのはいけないこと?」のような本当に素朴なものから「この世界は無なのか有なのか」のような深い質問もある。著者はそういった質問に実に柔軟にそして生真面目に答えている。その答え方は、かつて話題になった「生協の白石さん」のようだ。

第二部では壇家さんからの7つの疑問について自分がどう答えてきたかを述べつつ、仏教の浄土真宗の住職として日々考えていることを書いている。その中で、仏教とはどんな宗教か、浄土真宗とはどんな教えなのかがわかるようになっている。

この本を読むと、葬式仏教などと言われて軽んじられている風潮とは違い、日本の既成仏教に懐の深さを感じることができる。あらゆる宗教や思想に寄りかからないで生きることも一つの生き方だけど、これだけの知恵が詰まった宗教をまったく知らないままで生きるのは惜しいような気もする。何より中高年にさしかかりこれから老いて死ぬ身としては、既成宗教の知恵に学ぶことが必要になってくるのではないかという予感がしている。人は狂信的でなく他人に押し付けることさえしなければ、信仰を持てるものなら持つ方がいいのではないだろうか。

(4月10日読了)

読み助の本棚

2009.04.02

甘糟幸子著『楽園後刻』(集英社文庫)を読む

4月2日(木)

鎌倉に住む60歳前後の女性・菊子と信子が主人公。それに菊子の親戚である80代前半の逸子という老女も絡みながら、鎌倉の四季とともに物語は進んでゆく。

先日母が上京する際に、甘糟幸子の小説を読んで鎌倉に行きたくなったとの希望を聞き、どんな小説なのだろうと読んでみた。この小説は著者の69歳の処女作である。元々は鎌倉についてのエッセイで知られていた人だという。エッセイの文体は明晰だそうだが、この小説では登場人物たちの複雑な心理を描くためなのか、むしろ晦渋な文体を採用している。

小説の中では物理的にはほぼ3年間の時間が流れている。しかし主人公たちの経験が何度も回想されるため、経験的な時間の流れは重層的である。その中で、この小説が没落した富裕層の物語であることが明らかになってゆく。小説の視点は時には菊子に時には信子や逸子にと変わってゆくが、著者の分身は信子であるように思われる。信子の家庭は特に富裕でも没落もしていなくて、信子の視点で太宰の「斜陽」のような世界が描かれているようなのだ。

母が上京し妹の子である小学生の姉弟も連れて、4人で鎌倉に行ってきた。物語の始めは春で桜が咲いていたが、今の鎌倉は満開まで一歩手前の状態であった。菊子と信子が歩いたであろう道を歩いてみた。最初の風景描写が文章だけではわかりにくかったのだが、歩くうちにふに落ちるような気がした。小説の理解には実際に現場に行った方がいい場合もあるようだ。

母の希望がなければこういう小説を読むことはなかっただろう。でもこういう風味の小説を読むのもたまにはいいものである。

(3月30日読了)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ