« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.16

平川克美著『ビジネスに「戦略」なんていらない』(洋泉社新書y)を読む

3月16日(月)

昨今サラリーマンによく読まれているビジネス書は戦略論流行りである。著者はそのような、ビジネスが戦争のアナロジーで語られる現状に違和感を抱き、ビジネスの本質論としてこの本を書いた。ただ、タイトルと違って、著者はビジネス上の戦略を否定しているわけではない。戦略はビジネスの本質ではないと語っているのだ。

ビジネスとはあくまでも商品と貨幣の交換の上に成り立つ、著者の用語によると「一回半ひねりのコミュニケーション」である。ビジネスには、その中に誰にでも見える部分と容易には見えない部分を持つ。その見えない部分が、実はビジネスという行為を支えている。投資家の言葉や戦争のアナロジーだけでは、見えない部分を語ることはできない。

ビジネスの世界で実際に会社を立ち上げ活躍してきた人の言葉だけに、その言葉には重みがある。また、ビジネスの世界を語るのに、現代思想を援用しているところが新鮮である。ただ、この著者の言葉に耳を傾けようとするのは、この人が成功者だからという点があるのも否定できない。そういう点では、この本も成功した経営者の語るビジネス物語の一つであり、そこには何かが抜け落ちているような感触がある。

この本は、3月6日に紹介した「内田樹の研究室」というサイトで、著者が連載していた文章が編集者の目に留まって実現したものである。とは言え中身のほとんどは書き下ろしである。最後には内田氏とのメール交換も載っており、それ自体がまた刺激的なやりとりになっている。

(3月14日読了)

2009.03.09

内田樹・釈徹宗著『はじめたばかりの浄土真宗』(本願寺出版社)を読む

3月9日(月)

『いきなりはじめる浄土真宗』に続く後編。わたしは仏教についてくわしくはないが関心はあって、以前から機会があったら読もうと仏教の教えや宗教史、悟りや瞑想の本などを集めていた。でも、中々読む気になれないでいたところに、この本に巡り合えたわけである。

この本では、宗教とは何か、宗教と社会をつなぐものとしての倫理、浄土真宗の悪人正機とは何か、親鸞の教えとは?など、仏教を理解する上での基本となる考え方が、実にわかりやすく説明されている。浄土真宗がこれほど日本独自の宗教だったとは初めて知った。それにわたしたち日本人の日常の倫理が浄土真宗の影響を強く受けていることもわかった。ただ、その倫理が現在かなり崩れてきているのも確かなのだけど。

それに内田先生のレヴィナスの思想についての考え方もとても参考になった。実はレヴィナスの本も文庫本になっているものを集めていて、いずれ読むつもりでいたから2重にお得な本であった。

思えばカントの倫理学も宗教と社会をつなぐものとして、近代社会の黎明期に生まれたものだった。そしてそれは現代の生命倫理の問題ともつながっている。わたしたちは宗教のない社会に住んでいるのではなく、宗教が世俗化された社会に住んでいるのである。

(3月7日読了)

2009.03.06

内田樹・釈徹宗著『いきなりはじめる浄土真宗』(本願寺出版社)を読む

3月6日(金)

フランス現代思想の研究者の内田氏と浄土真宗本願寺派のお寺の住職で宗教思想の研究者の釈氏の往復書簡。内田氏は「内田樹の研究室」というウェブサイトを運営しており、本願寺出版社から本書の企画を提案された際に、そのサイト内に「インターネット持仏堂」というサブサイトを立ち上げ、そこに釈氏に寄稿してもらう形で始まったそうである。

内田氏と言えばフランス思想特にユダヤ教思想家のレヴィナスの研究で有名な学者である。その内田氏の鋭い問題提起に、仏教の専門家である釈氏がていねいに答えてゆく。往復書簡で足りない部分については間狂言という形で解説がなされる。これで仏教とはどういう宗教なのかが一通りわかるようになっている。

本書はインターネット持仏堂の前半部分であり、後半は『はじめたばかりの浄土真宗』としてまとめられている。だから本書だけでは、仏教の総論と日本への伝播までしかわからない。浄土真宗については後半のお楽しみと言うことになる。

ただ、本書だけでも宗教や仏教についてかなり深い話を知ることができる。私も宗教や大乗仏教、日本の既製仏教についてのイメージが良い方に変わった。それに、日本社会は無宗教なのではなく、宗教が世俗化されて溶け込んでいる状態という説明には、目からウロコの納得であった。宗教がよくわからないという人はまず本書を読むべきだろう。

(3月4日読了)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ