« 大村敦志著『父と娘の 法入門』(岩波ジュニア新書)を読む | トップページ | 岡野雅行著『人生は勉強より「世渡り力」だ!』(青春新書)を読む »

一年の計

1月2日(金)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨日は一日中酒を飲んで、TVを見たりラジオを聴いたりしていたので、一年の計を語るのが二日になってしまった。今日はまだ一滴も酒を飲んでいないから、今のうちに思いつくことを書いておこうと思う。

昨年は、未曾有の経済不況が報じられた割には、個人としては可もなく不可もなくで、とくに変化のない一年だった。その中で、このブログの更新率が上がったのはよかったことと思う。読んだ本についての感想を書くことがほとんどで、おかげで本を読む意欲が出てきて、昨年は久しぶりに46冊の本を読むことができた。このところ20~30冊で推移していたから、自分としては読めた方である。

今年は、でも、あまり読む本の数にはこだわらないで、以前から読もうと思っていた本にチャレンジする機会をもっと増やしたいと思う。それだけこのブログで紹介する本は減るかもしれないが、その分、映画や舞台、ニュースを見た感想などをもっと増やすようにしたい。ただ、洋書の場合はもっと数をこなす必要があるので、昨年以上に数にこだわって読むようにしたい。

あと毎年書いているように、英語の検定試験にも挑戦したい。さっそく英検1級の試験を1月に受けるつもりでいる。日頃の勉強に加え、対策の勉強も少しずつ進めてきたけど、まだ十分な準備はできていない。これからラストスパートで頑張るつもりだ。

今の仕事に就いて今年の3月で満10年になる。わたしとしては英検1級を取れたら転職活動にも挑戦したい。はたしてこの不況の中今年48歳になる年男に何ができるのか。それについてもブログでレポートできるような年になればと願っている。

ちなみに、初夢はアイドルの松浦亜弥とクラスメイトになった夢だった。彼女が舞台をやるというので、クラスメイトの特権でチケットが手に入らないか聞きに行くという内容だった。せっかくだから、松浦亜弥が舞台をやる際には観に行きたいと思う。(^^ゞ

|

« 大村敦志著『父と娘の 法入門』(岩波ジュニア新書)を読む | トップページ | 岡野雅行著『人生は勉強より「世渡り力」だ!』(青春新書)を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/43611390

この記事へのトラックバック一覧です: 一年の計:

« 大村敦志著『父と娘の 法入門』(岩波ジュニア新書)を読む | トップページ | 岡野雅行著『人生は勉強より「世渡り力」だ!』(青春新書)を読む »