« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

森岡正博著『草食系男子の恋愛学』(メディアファクトリー)を読む

1月15日(木)

森岡氏は大阪市立大学の教授で、生命倫理や女性学、男性学などの分野で積極的に発言を続けている。1958年生まれでわたしより3歳年上である。

この本は、恋愛に臆病で女性に積極的になれない20代の男性に向けて書かれたものである。女性を好きになったらどうすればいいのか。その話しかけ方からデートへの誘い方、キスやセックスの仕方まで、具体的にていねいに書かれている。とはいってもいわゆる「モテ本」の類ではなく、自身の辛い経験や女性学、男性学の成果などを踏まえた真面目な本である。男性は女性といかに接すればいいのか、どのように理解すればいいのかが女性の心理や体の説明を交えて実にくわしく書かれてある。読んでいて、女性はここまで男性に理解されたいものかな、かえって気持ち悪いんじゃないかと思わなくもなかった。

これを読んで勇気を出して女性をデートに誘う男の子が少しでも増えればめでたい話だが、はたしてそんなにうまくいくのかどうか。たとえば、今結婚しない男が増えている背景には、女を好きにならないというまた別の状況があるのかもしれない。だとしたらそもそもデートに誘う以前の問題ということになる。

いや実のところわたしがそうなのだ。世の中にこれだけ女性がいるのに好きになるということがもう久しくない。かといって男性を好きになるかというとそういうことでもない。いったい今自分がどうなっているのか、うまく説明している本はどこかにないものだろうか。

と思っていたら、同じ森岡氏に『感じない男』(ちくま新書)という著作があった。だがレビューを見る限りではちょっと違うような気もする。とりあえず目を通しておきたい。

(1月13日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡野雅行著『人生は勉強より「世渡り力」だ!』(青春新書)を読む

1月6日(火)

この本は、世界一の職人と言われる岡野雅行氏による語りおろしである。副題に「腕〈スキル〉を生かす人づきあいの極意」とあるように、根本に誰にも負けないスキルを持った上で、いかにそれを生かしていくかが語られている。小気味よい語り口で、読んでいて元気をもらえる。

岡野さんは墨田区の社員6人の工場の経営者で、主に金型を作る仕事をしている。この工場で、有名な世界一細い「痛くない注射針」が作られている。また携帯電話の小型化に必須のリチウムイオン電池のケースの金型も作られた。

岡野さんの言っていることは、特に、腕のいい職人にとって役に立つ。職人の多くは頑固でいいモノを作れば売れると思っている。しかし岡野さんはそれはちがうと言う。やはり職人でもいい情報を集めるために人づきあいは欠かせないし、そのつきあい方にもコツがある。

岡野さんの言う世渡り力は姑息な処世術ではなく、あくまでも本人にスキルがあることを前提にしたまっとうなものである。だからこそ大企業を相手に対等に渡り合えるのだ。ただそのためには、スキルを磨くための長く苦しい「勉強」を必要とする。岡野さんが勉強より世渡り力だと言うとき、その勉強は学校の勉強を意味するが、岡野さんは実は誰にも負けないスキルを仕事の中で何十年も「勉強」して身につけたのだ。

プロとして誰にも負けないスキルを身につけることで、岡野さんの言う世渡り力は生きてくる。では、そういうスキルのない者はどうすればいいのか。まずはスキルを身につけるしかないだろう。それができないのなら? それは岡野さんの語る世界とは縁がなかったと言うことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年の計

1月2日(金)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨日は一日中酒を飲んで、TVを見たりラジオを聴いたりしていたので、一年の計を語るのが二日になってしまった。今日はまだ一滴も酒を飲んでいないから、今のうちに思いつくことを書いておこうと思う。

昨年は、未曾有の経済不況が報じられた割には、個人としては可もなく不可もなくで、とくに変化のない一年だった。その中で、このブログの更新率が上がったのはよかったことと思う。読んだ本についての感想を書くことがほとんどで、おかげで本を読む意欲が出てきて、昨年は久しぶりに46冊の本を読むことができた。このところ20~30冊で推移していたから、自分としては読めた方である。

今年は、でも、あまり読む本の数にはこだわらないで、以前から読もうと思っていた本にチャレンジする機会をもっと増やしたいと思う。それだけこのブログで紹介する本は減るかもしれないが、その分、映画や舞台、ニュースを見た感想などをもっと増やすようにしたい。ただ、洋書の場合はもっと数をこなす必要があるので、昨年以上に数にこだわって読むようにしたい。

あと毎年書いているように、英語の検定試験にも挑戦したい。さっそく英検1級の試験を1月に受けるつもりでいる。日頃の勉強に加え、対策の勉強も少しずつ進めてきたけど、まだ十分な準備はできていない。これからラストスパートで頑張るつもりだ。

今の仕事に就いて今年の3月で満10年になる。わたしとしては英検1級を取れたら転職活動にも挑戦したい。はたしてこの不況の中今年48歳になる年男に何ができるのか。それについてもブログでレポートできるような年になればと願っている。

ちなみに、初夢はアイドルの松浦亜弥とクラスメイトになった夢だった。彼女が舞台をやるというので、クラスメイトの特権でチケットが手に入らないか聞きに行くという内容だった。せっかくだから、松浦亜弥が舞台をやる際には観に行きたいと思う。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »