« 梶原しげる著『すべらない敬語』(新潮新書)を読む | トップページ | 大内伸哉著『どこまでやったらクビになるか』(新潮新書)を読む »

2008.11.12

前田高行著『アラブの大富豪』(新潮新書)を読む

11月12日(水)

つい最近までのガソリン代の高騰は、原油の先物市場での異常な高騰が原因だった。そういった先物市場を始めとする金融市場を駆け巡っているのが、中東のオイルマネーである。オイルマネーは今や全世界の経済に大きな影響を及ぼす力を持っている。

本書はそういうオイルマネーを操る、ウォンテッドならぬアラブの大富豪たちを描いたものである(もっともビンラディンはウォンテッドされているが)。著者は元々物書きではなく、中東の石油畑を歩んできたビジネスマンであったが、定年後に中東情報に関するブログを立ち上げた。それが徐々に評判となり、編集者の目に留まって本書の出版となった。自らの体験を元に語っているだけあって説得力がある。それに異国の桁外れに豊かな世界の話は、景気がよくて読んでいて気持ちいい。あまりに景気がよすぎて、嫉妬する気も起きないほどだ。

アラビア半島にはサウジアラビアやカタル、アラブ首長国連邦などの王国が連なっている。各国とも石油と天然ガスの産出国であり、そのおかげで国民は税金を支払う必要がなく、皆が金持ちである。中でも王族や豪商の財産は桁外れで、彼らは尽きることのない財産を使って巨大事業や投資を続け、さらに豊かになっていく。

日本ではバブルは数年しかなかったが、アラビアの王国ではもう何十年もバブルが続いている。少なくとも石油の埋蔵量はあと約70年分あるから、それまでバブルが続く可能性が高い。ただ、栄枯盛衰という言葉もある。10月にアメリカの金融バブルがはじけて、はたして彼らはどれほど打撃を受けたのだろうか。

著者は今4つのウェブサイトを主宰または共同で運営している。今後の中東情勢に興味のある人は、一度覗いてみるのもいいだろう。ここでは1つだけ下にリンクを張っておく。

(11月10日読了)

アラビア半島定点観測


« 梶原しげる著『すべらない敬語』(新潮新書)を読む | トップページ | 大内伸哉著『どこまでやったらクビになるか』(新潮新書)を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/43094643

この記事へのトラックバック一覧です: 前田高行著『アラブの大富豪』(新潮新書)を読む:

« 梶原しげる著『すべらない敬語』(新潮新書)を読む | トップページ | 大内伸哉著『どこまでやったらクビになるか』(新潮新書)を読む »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ