« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

村上春樹著『中国行きのスロウ・ボート』(中公文庫)を読む

10月30日(木)

村上春樹の初期短編集。1980年4月から82年12月までの7つの短編が収録されている。

この短編集を読むきっかけになったのは、NHK教育のラジオ英会話の7月の放送である。7月24日放送の今月の歌が「On a Slow Boat to China」でまさに「中国行きのスロウ・ボート」であった。そういうタイトルの本があったなとこの短編集を思い出し、いい機会だから読んでみようと思った次第である。後に自分の読書記録を調べたら、1986年1月28日に読み終えた記録があったが、読んだ記憶はまったく残っていない。

今回読んだところでは、これらの作品群から、後に展開される村上文学のさまざまな萌芽を感じられた。ある作品では自分の書く立場を、ある作品では自分の書く方法を、また他の作品では自分のライフスタイルを語っている。それでいて、それらは物語としても楽しめるものになっている。

村上春樹は現在ノーベル文学賞の有力候補と言われている。氏の文学的達成がどの程度のものなのかわたしには理解できないが、村上ワールドという「ゆっくり進む中国行きの船の上で」、もうしばらく氏との「ポーカー・ゲーム」を楽しめそうな気がしている。

(10月24日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梁石日著『タクシードライバー日誌』(ちくま文庫)を読む

10月7日(火)

今年の8月30日に同じ著者の『タクシー狂躁曲』を紹介したが、前の本が小説の短編集だったのに対して、この本はタクシー業務に関する自身の体験を記したルポルタージュになっている。ルポライターのルポと違って、自身が10年間勤務しての体験の重みがあるだけに、迫力ある記述が続く。タクシー業界の前近代性、その中でのタクシー業務の過酷さ、また職業としての世間的な差別などの事実が具体的な体験を元に語られてゆく。

また、著者自身も人を轢いてしまって大怪我を負わせたり、大型トラックにぶつけられて死ぬ寸前の重症を負ったりしてしまう。そういった事故の加害者、被害者としての体験も生々しい。

ただ、タクシー業務の厳しさが語られる一方で、著者自身が楽天的な性格なのか、何だかのどかな業界だなという印象も受ける。著者が二日酔いやさぼりのため無断で休んでも特にとがめられることもないし、けっこう気ままな仕事っぷりなのだ。これは単行本の初版が1984年でもう24年前のことであることも関係しているのかもしれない。

その間に日本はバブルとその後の長い不況を経験する。リストラと派遣社員の採用を経て、日本の会社にもう当時ののどかさはないように、タクシー業界にも当時ののどかさはないかもしれない。しかし、タクシー業界と他の業界の仕事の厳しさの差は、当時よりも縮まっているような気がする。そうだとすれば、タクシードライバーとして生きるのも悪くはないなと、著者のメッセージとは反対に、のんきなことを考えた。

(10月5日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田里惠子著『グロテスクな教養』(ちくま新書)を読む

10月1日(水)

近代日本の教養と教養主義のあり様を分析した本。はじめにで著者は、教養や教養主義についての発言は、特に反論する程ではないにせよ、どこかすっきりしない感じが残ると言っている。実は、この本自体がそういう本なのだ。

個々の分析は意地悪なくらい的確である。実にさまざまな観点から教養や教養主義を分析して見せている。ところが読後感はもやもやしたままである。著者の本を読む限り、日本の教養とは、受験戦争の勝者という特権エリートの男の子のみが享受できるものに過ぎない。それは、大正教養主義やマルクス主義を受容した学生や特攻の学徒でも、戦後の東大生の原口統三や日比谷高校生の庄司薫くんでも同じことである。そしてそうした教養および教養主義は、ニューアカ・ブームを最後に終焉してしまった。

ところが著者は最後に、教養や教養主義は復権すべきだと主張する。愛すべき教養主義をこき下ろしたのは、そこから始めないと復権も始まらないからだと言う。でも、その具体的な道筋は示されない。これは著者自身が東大卒のエリートであることから来る限界なのか、それともこのグロテスクな混沌の中から教養の復権の種が見出せるものなのか。勝手にしたらいいといういささか意地悪な感想が心に浮かんできた。

(9月30日読了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »