« 福田首相の辞任にただ驚く | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」を観る »

2008.09.09

梶井照陰著『限界集落』(フォイル)を読む

9月9日(火)

限界集落とは、本書によれば、65歳以上の高齢者が集落人口の50%を超え、独居老人世帯が増加し、このため集落の共同活動機能が低下し、社会的共同生活の維持が困難な状態にある集落をいう。大野晃著『山村環境社会学序説』を参考にしたとある。

プロフィールによれば、著者は1976年生まれの佐渡ヶ島出身の僧侶である。16歳の頃から写真を撮り始め、1999年に高野山大学密教学科を卒業した後は、世界各国を訪ねて積極的に取材をし、2004年には故郷の佐渡の波を撮った写真集『NAMI』を発表し、2005年には日本写真協会賞新人賞を受賞している。現在は佐渡ヶ島で真言宗の僧侶をするかたわら、写真家としての活動を続けている

この本は、日本各地の限界集落を取材したルポルタージュである。ただ文章と写真が交互に並んでおり、写真の量が多い。また、写真が何を写しているかを捕捉する文章はなく、本文との緩やかなつながりの中から推測するだけである。そういう意味では、この本は限界集落を素材にした写真集とも言える。

文章はさすが僧侶と言うべきか余計な自己顕示臭がなく、透明なフィルターを通して風景を見ているような感じである。言わば、写真のような文章なのだ。著者の感情表現は極力抑えられ、ただ、事実が淡々と述べられてゆく。しかしその事実の選択の中に、この著者の穏やかだが芯のある自己が浮かび上がってくる。

今後10年以内に423の集落が消滅する可能性があるという。著者の撮った限界集落の風景や年寄りの姿が、やがては写真集の中だけのことになる日が来るのだろうか。著者自身は、このままでいいのだろうかと静かに私たちに語りかけている。

« 福田首相の辞任にただ驚く | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」を観る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/42425576

この記事へのトラックバック一覧です: 梶井照陰著『限界集落』(フォイル)を読む:

« 福田首相の辞任にただ驚く | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」を観る »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ