« 島井哲志著『「やめられない」心理学 ―不健康な習慣はなぜ心地よいのか』(集英社新書)を読む | トップページ | 中島義道著『悪について』(岩波新書) を読む »

2008.05.15

大野裕著『「うつ」を治す』(PHP新書)を読む

5月15日(木)

うつ病も含めた<うつ>状態を治すための本。著者は皇太子妃の雅子様の治療にも関わっているうつ病の権威。はじめに<うつ>についての医学的な説明がある。<うつ>は病因による分類ではなく症状による分類なのだという。次に治療法についての3つの方法に関して説明がある。心理的治療、薬物療法、社会的治療である。いわゆる憂鬱な状態からうつ病まで様々な段階があるし、症状が重い場合は治療に時間もかかる。でも辛抱強く治療を続ければ必ず治る病気なのである。

私自身には特にうつ症状は出ていない。対人恐怖症気味ではあるが。でも心理的治療の説明など症状が出ていない人にとっても、生きていくうえでの心構えとか人間関係で問題が生じたときの対処法など参考になる部分もあった。それに今後いつうつ病になるかわからないし知人や友人がうつ病になる場合もあるだろう。そういう意味では読んでよかったと思う。

(2006年6月24日読了)

« 島井哲志著『「やめられない」心理学 ―不健康な習慣はなぜ心地よいのか』(集英社新書)を読む | トップページ | 中島義道著『悪について』(岩波新書) を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/41217482

この記事へのトラックバック一覧です: 大野裕著『「うつ」を治す』(PHP新書)を読む:

» ガンを消すなら『免疫療法』 [ガンから慢性病まで!!]
現在、末期ガンと闘っている方。 何をやっても治らない不定愁訴から慢性病をお持ちの方。 病気が治せる健康食品をお探しの方は、弊社のホームページを覗いて見てください。 [続きを読む]

» レキソタン錠(メンタル系) [大アマゾン川]
レキソタン錠は1と2と3があります。レキソタン錠はブロマゼパムはが一般名らしいです。 レキソタン錠、気分をリラックスさせ不安や緊張感をやわらげたり、寝つきをよくするらしいです。 病院で聞いたんですが、私の症状はうつ病とかパニックとかではないんですかと聞いたら、そういうものじゃありませんから・・レキソタン錠を処方したからといってうつ病、躁病とかではないときあると説明を受けました。 ... [続きを読む]

« 島井哲志著『「やめられない」心理学 ―不健康な習慣はなぜ心地よいのか』(集英社新書)を読む | トップページ | 中島義道著『悪について』(岩波新書) を読む »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ