« 枡野浩一著『一人で始める 短歌入門』(ちくま文庫)を読む | トップページ | 翻訳ボランティアをやってみたい »

2008.01.06

鷲田小彌太著『まず「書いてみる」生活 ―「読書」だけではもったいない』(祥伝社新書)を読む

1月6日(日)

読書好きな読者に定年から書く生活を始めるよう勧めた本。

書くことの喜びや苦しみ、実際の書き方や本にする方法など、書くことを生活としてきた自身の経験を踏まえて、ていねいに書いている。今、わたしは、気が向いたときにこうやってブログに好きなことを書いているが、もっと継続してちゃんとしたものを書きたくなった。

でも、金にはならないみたいだし、余計な苦労を背負うことにもなりそうだから、書くことを生活にするのは、年金をもらうようになってからでも遅くはなさそうだ。せめて今のうちは、毎日少しずつでも何か書いて準備をしておきたいな。

(2007年11月26日)

« 枡野浩一著『一人で始める 短歌入門』(ちくま文庫)を読む | トップページ | 翻訳ボランティアをやってみたい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/17597909

この記事へのトラックバック一覧です: 鷲田小彌太著『まず「書いてみる」生活 ―「読書」だけではもったいない』(祥伝社新書)を読む:

» 儲かる情報レビュー(改訂版)FX投資、アフィリエイト、健康 [儲かる情報レビュー(改訂版)]
脳内メーカー、FX投資、アフィリエイト、美容、ダイエット 、幼児教育、フィットネス、整形等 [続きを読む]

« 枡野浩一著『一人で始める 短歌入門』(ちくま文庫)を読む | トップページ | 翻訳ボランティアをやってみたい »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ