« 村瀬学著『未形の子どもへ 人生四苦八苦から』(大和書房)を読む | トップページ | 高橋龍太郎著『人生にはしなくてもいいことがいっぱいある』(青春文庫)を読む »

2008.01.11

梅田望夫著『ウェブ時代をゆく ―いかに働き、いかに学ぶか』(ちくま新書687)を読む

1月11日(金)

ウェブ2.0と著者の呼ぶインターネットの新しい潮流がある。この本では、その世界の現状、その世界で新しい仕事をしている人たち、新しい生き方を始めた人たち、自分のしてきたことなどを語る中で、若い人たちに向けて、この世界でいかに生きるかを提案している。巷のビジネス本と同様の暑苦しさも感じたけど、もっとウェブを活用して知的生産ができるように、少し本格的に勉強してみようかという気にはさせてくれた。

(2007年12月13日読了)

« 村瀬学著『未形の子どもへ 人生四苦八苦から』(大和書房)を読む | トップページ | 高橋龍太郎著『人生にはしなくてもいいことがいっぱいある』(青春文庫)を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/17650950

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田望夫著『ウェブ時代をゆく ―いかに働き、いかに学ぶか』(ちくま新書687)を読む:

« 村瀬学著『未形の子どもへ 人生四苦八苦から』(大和書房)を読む | トップページ | 高橋龍太郎著『人生にはしなくてもいいことがいっぱいある』(青春文庫)を読む »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ