« キャサリン・サンソム著『東京に暮す 1928-1936』(岩波文庫)を読む | トップページ | 福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)を読む »

サンタクロースは存在する

12月24日(月)

今日はクリスマス・イヴ、多くの家庭では、クリスマス・イヴのささやかなパーティを開き、お父さんお母さんは子供のためのプレゼントを用意していることだろう。

クリスマスといえば、よくサンタクロースはいるのかいないのかということが話題になる。この問いは現実に存在するのかという問いであれば否だが、観念としているのかいないのかという問いなら是である。実は、この観念として人々の中に存在するということはとても大切なことだ。なぜなら、人々はその観念に導かれて行動するからである。

サンタクロースという観念に導かれて、お父さんお母さんは子供のためにクリスマスプレゼントを用意する。子供たちはサンタクロースのおかげでプレゼントをもらうわけだから、お父さんお母さんはサンタクロースの代理人というわけだ。子供たちにとっては、サンタクロースは実在していることと変わりがない。

人々の観念の中に存在する限り、サンタクロースは存在し続ける。子供たちは現実にプレゼントをもらうことができる。これは神や仏であっても同じことなのかもしれない。

メリー・クリスマス!

|

« キャサリン・サンソム著『東京に暮す 1928-1936』(岩波文庫)を読む | トップページ | 福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/17460898

この記事へのトラックバック一覧です: サンタクロースは存在する:

« キャサリン・サンソム著『東京に暮す 1928-1936』(岩波文庫)を読む | トップページ | 福岡伸一著『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)を読む »