« 吉澤ひとみの弟の死 | トップページ | 女は産む機械発言について »

2007.01.21

あるある大事典の捏造

1月21日(日)

関西テレビ制作の『発掘!あるある大事典Ⅱ』が捏造放送をしていたとして今日の放送が休止になった。毎週楽しみにしていたので残念だ。この番組の影響力は大きく、先々週の納豆ダイエット特集によってスーパーから納豆が姿を消していた。

この番組は健康をネタにしたバラエティ番組である。科学とは名ばかりの実験とまだ仮説にすぎないいくつかの説を恣意的に組み合わせて論を組み立てている。だから真剣に見ている人はほとんどいないはずだが、テレビの力はやはり大きい。見ている人のごく一部が実行するだけで市場に大きな影響を及ぼしてしまう。

制作者は勘違いをしていた。まさか自分の番組をこんなに真剣に見る人たちがいたとは。だからこそ平気で捏造することができた。しかし論の強引さはともかく捏造してはいけなかった。一線を踏み越えてしまったのだ。

テレビ制作者の中には肝を冷やしている人がけっこういるはずだ。『あるある大事典』は終わるかもしれない。そうしないと報道機関としてのテレビの信頼を維持できない場合にはだ。

捏造だけはしない。この原則を守ってこれからも楽しい番組を作ってもらいたいとは思う。しかし雪印と同じく一度失った信頼を取り戻すには長い時間がかかるだろう。朝日新聞でもさんご礁の捏造記事が尾を引いているし、NHKのドキュメンタリーも一度の捏造で信頼を損ねたままである。未だに捏造前の信頼は得ていないのだ。

« 吉澤ひとみの弟の死 | トップページ | 女は産む機械発言について »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/13608624

この記事へのトラックバック一覧です: あるある大事典の捏造:

« 吉澤ひとみの弟の死 | トップページ | 女は産む機械発言について »

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

読み助の本棚

  • 読み助の本棚
    ブクログ