« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

女は産む機械発言について

1月31日(水)

柳澤厚生労働大臣が自民党の地方大会で「女性は産む機械」発言をしたとして辞任に追い込まれようとしている。氏が少子化対策担当大臣を兼任していることもあって余計に風当たりが強いようだ。

ところが発言についてテレビで見る限り「女性は産む機械」とは言ってはいるけど、発言の趣旨はちがうようだ。社会を工場にたとえたら女性は産む機械であると言っているだけである。つまり経済学的な比喩なのだ。

社会という工場が子供という生産物を生産する。ところがその工場における産む機械(=女性)は一定数である。少子化とは産む機械の生産性が落ちている状態だから少子化を解消するとは産む機械の生産性を上げることである。ではどうすればよいのかという趣旨の発言である。

これは社会を工場にたとえたから女性は産む機械なのであって、ストレートに女性が産む機械だと言っているわけではない。

経済学では市場は個々人の思惑を超えた経済法則に支配されていると考える。これは社会科学にある程度共通する発想である。社会は個々人の思惑を超えた何らかの法則に支配されている。氏はその発想の延長線上で発言している。

しかしこの発言は長い間「女性は産む性」と抑圧されてきた女性の総反発を受けた。氏もその文脈で捉えられる危険性に気づいてその場で謝罪している。しかし時はすでに遅かった。

政治家の発言がマスメディアに載せられたとき、その発言の意図を超えて政治的な文脈に発言の意味が変換される。これも社会科学の冷徹な法則である。社会科学的な発想で少子化対策を語った柳澤大臣が自らが社会科学的な法則で追い込まれている。ずいぶんと皮肉な話である。

訂正(2月11日)
内閣府の少子化・男女共同参画担当大臣は高市早苗氏であり柳澤氏ではない。厚生労働省でも少子化問題を扱っているので勘違いしていた。

2007.01.21

あるある大事典の捏造

1月21日(日)

関西テレビ制作の『発掘!あるある大事典Ⅱ』が捏造放送をしていたとして今日の放送が休止になった。毎週楽しみにしていたので残念だ。この番組の影響力は大きく、先々週の納豆ダイエット特集によってスーパーから納豆が姿を消していた。

この番組は健康をネタにしたバラエティ番組である。科学とは名ばかりの実験とまだ仮説にすぎないいくつかの説を恣意的に組み合わせて論を組み立てている。だから真剣に見ている人はほとんどいないはずだが、テレビの力はやはり大きい。見ている人のごく一部が実行するだけで市場に大きな影響を及ぼしてしまう。

制作者は勘違いをしていた。まさか自分の番組をこんなに真剣に見る人たちがいたとは。だからこそ平気で捏造することができた。しかし論の強引さはともかく捏造してはいけなかった。一線を踏み越えてしまったのだ。

テレビ制作者の中には肝を冷やしている人がけっこういるはずだ。『あるある大事典』は終わるかもしれない。そうしないと報道機関としてのテレビの信頼を維持できない場合にはだ。

捏造だけはしない。この原則を守ってこれからも楽しい番組を作ってもらいたいとは思う。しかし雪印と同じく一度失った信頼を取り戻すには長い時間がかかるだろう。朝日新聞でもさんご礁の捏造記事が尾を引いているし、NHKのドキュメンタリーも一度の捏造で信頼を損ねたままである。未だに捏造前の信頼は得ていないのだ。

2007.01.14

吉澤ひとみの弟の死

1月14日(日)

1月10日夜、モーニング娘。の吉澤ひとみの16歳の弟が、東京都新宿区の神楽坂下交差点のところを自転車で横切る際に走行中の自動車と衝突事故を起した。弟は病院に運ばれ11日の未明に亡くなった。

吉澤ひとみは現在21歳で弟とは5歳差、年の離れた弟と言うこともあってかわいがっていたという。ラジオでも話題にしお笑い芸人の三瓶に似ていると言っていたそうだ。

吉澤は今年初めのコンサートで5月にモーニング娘。を卒業することを発表したばかりだ。ただでさえ転機の年に弟の死とは若い彼女にはあまりにも乗り越えるべき山が高すぎる。他人事ながら心配になる。

ただ、悲しみを乗り越えるためにはまず徹底的に心から悲しむことが必要だと聞いたことがある。悲しもうとする心のはたらきを無理に抑えるとかえって悲しみを長引かせてしまうらしい。忌引きはそのための社会の知恵なのだ。だから吉澤にもまずは徹底的に悲しんでもらいたいと思う。

今日大阪でコンサートがあり吉澤は大阪のファンにも卒業を発表するために出演するという。彼女のプロ根性はさすがだがまだ忌引きは終わっていない。変に気丈に振舞おうとしないで素直な心で歌って欲しい。まわりは暖かいファンばかりだからそうすることできっと励まされると思う。

わたし自身もモーニング娘。のライトなファンとしてこれからも応援していくよ。とにかく今はがんばらないでな。

2007.01.08

成人の日

1月8日(月)

今日は成人の日だね。15日だった成人の日が1月の第2週の月曜日になったのが2000年からだからもう8年めになるのか。毎年NHKの青春メッセージを見るのが楽しみだったけど、これは2004年を最後になくなってしまった。

成人の日といえば各地の成人式での若者の大騒ぎが話題になる。今年もさっそく昨日の沖縄での騒ぎがニュースで話題になっていた。格好が気志団に似ているからヤンキーが騒いでいるんだろうな。ニュースを提供して大人が眉をひそめてみせるといういつもの風物になりつつあるからまあいいんだろうけどね。大人になってもこういうことをしていたら周りから低く見られるから、本人たちとしてもこれが最後のやんちゃのつもりなんだろう。

一方で財政が破綻した夕張市の成人式は、ほのぼのとしているように見えた。成人式に補助金が出なくなったということで全国からの寄付を受けての開催だったらしい。成人式に国から補助金が出るから自治体は仕方なくその金で成人式を催す。若者はその仕方なさ感を敏感に感じ取って荒れる。心から成人を祝う気持ちが主催者側にあれば、ちゃんとした成人式になるんだろう。

きのうから爆弾低気圧が日本を横切り全国で大荒れの天気が続いている。成人たちにとって象徴的な船出のような気もするが、ともに同時代に生きる者として声援していきたいね。

訂正。
成人式の場合は市町村の予算に組み込まれているらしい。夕張市の場合は財政破綻のため1万円しか予算がなくて全国からの支援を求めたそうだ。国から出ているわけではないんだね。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ