« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

プロ野球のストライキ

三連休の土、日とプロ野球がストで中止となった。わたしは球場に行くことは数年に一度しかなく、たいていはテレビ中継ですませる程度の軽いファンなのだが、それでも、週末に野球がないことは寂しかった。

プロ野球はわたしにとって、あって当たり前の空気のようなものだった。ないことがこれほど寂しいものだとは思わなかった。やはりプロ野球は、続いてもらわなくては困るものなのである。そのことを知らせてくれたということだけでも今回のストには意義があったと思う。

しかし、選手会の主張する12球団の維持には、わたしは反対である。新しい企業が参入すること自体はいいことなのだが、そのことによって現体制が維持されたところで他球団の赤字が減少するわけではないのだから、結局は問題が先送りにされるだけのことである。

サッカーの興隆、メジャーリーグへの選手の流出、少子化など、以前にはなかった課題がプロ野球界に突きつけられているのだから、12球団のままでありさえすればそれでいいというわけではない。

今後は、1リーグ制にせよ何にせよ、今までとは異なるシステムが求められていることはまちがいない。それが何なのかを来年1年、近鉄・オリックスの合併統合を凍結して話し合うということであれば、わたしは賛成である。それは選手会の最初の要求にもつながるものであると思っている。


*個人的には古田選手の頑張りには頭が下がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »