« 『光とともに・・・』雑感 | トップページ | プロ野球のストライキ »

2004.08.28

ダイエットをし続けている

3年半前に禁煙をしてから急に5kg以上太った。わたしの身長は176cmで理想の体重は約67.0kgなのだが、それまでも73kgくらいあり、やや肥満気味だったところへの急激な体重増加で、瞬間的に80kgを超えるときもあったくらいである。元々中性脂肪が高めで、これでは生活習慣病をいつ起こしてもおかしくない状態になっていた。

そこでさすがにダイエットをしようと思い立ち、まずタバコの代わりにしていたキャンディを止めた。ビタミンCがいっぱい含まれるのでタバコよりはよかろうと思っていたのだが、一日に40個以上なめていたから、たぶん一番の太る原因になっていたのだろう。(まあ一番の原因は中年にさしかかっていたせいだろうけど。(^^))

さらに一日の食費を1000円以下に抑えることにした。そうすることで、外食や間食を取りすぎることがなくなり摂取カロリーが減るだろうと考えた。ただ、そうなると必要な栄養が足りなくなるおそれがあったため、努めてカロリーメイトなどのサプリ食品をとるようにした。以上のことを「1000円ダイエット」と称して、地味にやり続けた。

すると体重は少しずつ減り始めた。本当に少しずつで1年で3kgずつくらい減りつづけ、昨年の夏の健康診断では中性脂肪の値が8年ぶりくらいに正常に戻り、昨年末頃にはついに体重が69kgを割り、理想の体重まであと2kg弱にせまった。しかし、なぜかそれを最後に体重の減少が止まり、それどころかまた少しずつ太り始めたのだ。

今年の7月にはついに72kgを超えたため、自己流では限界があると悟り、いろいろと新しいダイエット法を探した結果、7月下旬から、松田麻美子『常識破りの超健康革命』(グスコー出版)という本にある「ナチュラル・ハイジーン」という方法を試してみることにした。これには独特の人間観が背景にあるが、方法としては、1.午前中は果実しかとらない。2.肉類はとるなら夕食でのみとる。3.肉類と穀類はいっしょにとらない。4.野菜は昼食と夕食時にできるだけ多く食べる。という4つが中心にある。他にも、バランスのとれた食事をとらない、乳製品をとらないなどの常識破りを提示している。

これらは簡単にできる方法ではある。おかげで、ご飯を炊く機会がかなり減った。何せ朝食でご飯も味噌汁も食べないのである。また夕食で肉類を食べるときにはご飯が食べられないのだ。また、昼食でもラーメンが食べられない。ラーメンには肉が含まれるからである。パスタもミートソースなど肉入りはだめだし、寿司もだめなのだ。あと、夏には果実が割高なので食費があがったのは確かである。

で、一ヶ月後の今の体重は69kg代である。一ヶ月で約3kgの減少である。わたしにしてはすごい勢いで体重が減っている。健康に影響がないのかいささか不安だ。ただ、69kg代は昨年末にすでに到達した数値であり、それ以下の体重の減少もほんのわずかの期間ではあるが経験済みだ。運動もサプリメントもいっさいなしのこのダイエットで、果たして67.0kgに到達するのか。今のところはダメもとで続けるつもりでいる。来月末にまた報告するのでお楽しみに。

だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命
だれもが100%スリム!常識破りの超健康革命

« 『光とともに・・・』雑感 | トップページ | プロ野球のストライキ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/1301551

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットをし続けている:

« 『光とともに・・・』雑感 | トップページ | プロ野球のストライキ »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ