« 針供養 | トップページ | アメリカの禎子像が右腕を切られたニュース »

バレンタインのチョコ

苦い思い出・甘い思い出ですか?

大学時代に故郷の友達が遊びに来たとき、2人で夜の町を飲み歩いたのだけど、居酒屋で偶然隣り合わせた短大生の女の子2人と話が合って、盛り上がったのだった。でも、飲みすぎて記憶が飛んでしまい、彼女たちとはそのままになってしまった。

しかし、数日後のバレンタイン・デーの日にわたしのアパートの部屋の前に大きなチョコレートが置いてあって、手紙が添えられていた。その彼女たちからで「チョコレートをあげると約束したのであげます」とあり、住所と電話番号も書かれてあった。

うーん。結局、その後の進展は何もなかったわけだから、これは苦い思い出なのだろうか、それとも甘い思い出なのか。まあ、チョコレートということでほろ苦い思い出ということにしておきます。


<追記>
上の文章はトラックバック野郎の2月10日のお題「苦い思い出・甘いチョコ」を受けたものです。ちょっとお題からずれてますね。(^^ゞ(2月13日)

|

« 針供養 | トップページ | アメリカの禎子像が右腕を切られたニュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17593/187469

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインのチョコ:

« 針供養 | トップページ | アメリカの禎子像が右腕を切られたニュース »